テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/25
  • Motor Fan illustrated編集部

トヨタとNTT、生活支援ロボット普及に向けた共同研究を開始

人とロボットの共生社会を目指して

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月3日~6日に幕張メッセで開催予定の「CEATEC JAPAN 2017」NTTブースにおいて、サービスプロトタイプを出展予定だ。
トヨタとNTTは、人の役に立ち、人と共生するパートナーロボット普及に向けて、NTTグループ各社が保有するAI技術「corevo®(コレボ)」と、トヨタが開発を進めているパートナーロボットのひとつである生活支援ロボット(Human Support Robot : 以下、HSR)を活用して、日常生活の様々なシーンにおける行動支援を実現する共同研究を開始すると発表した。

最近ではロボット掃除機に代表されるように、家庭内での家事や介護、子育てなどを手伝ったり、コミュニケーション相手になったりするパートナーロボットに注目が集まっている。

このような状況のなか、トヨタとNTTは、両社が保有する技術やノウハウを組み合わせながら、多様なロボットやその他デバイスを連携させることで、今回の共同研究では、AI技術「corevo®」を組み込んだコミュニケーションロボットやHSRなどを中心に、人の行動を先回りしてサポートすることができる技術の開発を推進していく。

各社の役割として、NTTは、NTT研究所が開発した音声認識・対話制御・音声合成技術をはじめとする、人とロボットの自然言語による対話を実現する技術や、ロボット他各種デバイスが連携することで、人とロボットの非言語インタラクションを高度化する技術(「R-env:連舞®」)を含むAI技術「corevo®」を提供するとともに、サービスプロトタイプを構築し、多様なシーンにおける生活支援ロボット活用に向けた技術課題の抽出を行う。

一方トヨタは、日常の生活支援に必要な、①落ちた物を「拾う」、②手の届かない物を「取ってくる」、③家族や介護者との「コミュニケーション」の3つの基本機能を有するHSRと関連ノウハウ、ならびに技術検証に必要な実験フィールドを提供。HSRの利活用範囲の拡大に向けた受容性・有効性の検証を行っていく。 


今後の展開としては、イベント会場や商業施設向けサービスプロトタイプを作成し、来場者や実際のお客様に体験いただきながら、今後の実用化に向けた受容性・有効性の検証と技術課題の抽出。人の役に立ち、人と共生するパートナーロボットの実用化促進と普及を目指していく予定。

その後、ロボット関連イベントやショールームなど、実フィールドでの実証実験を実施することで、HSRを中心としたロボット連携サービスの可能性を探していく。またAI技術「corevo®」の利用環境を外部に公開しながら、その他のメーカーや大学等研究機関とのコラボレーションを拡大していくことで、人とロボットの共生に必要となる機能の洗い出しと技術開発を推進。「かしこさ」だけでなく「やさしさ」を備えたパートナーロボットが、日々人に寄り添い、人に働きかけ、人の行動や成長を促す世界の実現を目指していくという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated