テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/23
  • 遠藤正賢

トヨタが東京都内500台のタクシーの走行画像データから得られる「レーン別渋滞情報」の実証実験を開始

スマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」に配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
レーン別渋滞情報のスマートフォン表示イメージ。情報を表示可能な場所に近づくと、渋滞しているレーンを色で表示し、同時に音声で通知。タップすると映像がポップアップする
トヨタ自動車は10月23日、4月より全国ハイヤー・タクシー連合会と共同で開始した、東京都で走行する500台のタクシー車両に通信型ドライブレコーダー「トランスログ」を搭載し、「走行画像」や「車両データ」を収集・解析する実証実験の成果として、「レーン別渋滞情報」をスマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」に配信するサービスを、2018年春より開始することを発表した。

トヨタは2002年に車載通信機(DCM)を実用化し、2005年からレクサス車に標準搭載するとともにトヨタ車にオプション搭載を開始。エアバッグ作動時の緊急通報サービスや、ナビ地図データの自動更新、オペレーターサービスなどを提供している。

2011年からは、DCMから収集された走行データを用いたビッグデータ交通情報サービスを「Tプローブ交通情報」として、純正ナビゲーションシステムやTCスマホナビに提供している。

今回開発した「レーン別渋滞情報」は、さらにそれを補完するもので、「トランスログ」から収集された「走行画像データ」を、AI(人工知能)を用いて解析することにより、車線ごとの混雑情報を提供するもの。

これにより、従来の交通情報では道路の区間単位でしか認識できなかった渋滞状況が、車線単位に認識でき、さらにその状態を画像でも確認できるようになる。

今回の実証サービスにおける情報の提供範囲は東京都心部であり、TCスマホナビのみからの利用となるが、ユーザーの利用状況や各種の技術的評価を行い、提供地域や利用できる情報端末を拡大することも検討していく。

工事規制レーン情報のスマートフォン表示イメージ。情報を表示可能な場所に、工事中を示すマークが表示され、タップすると映像がポップアップする

また、トヨタは、タクシーの走行画像データから、工事規制や事故車両の情報、路上の障害物、駐車場の満空状況、道路沿いの店舗の混雑状況など、様々な情報をリアルタイムに抽出。新たな交通情報サービスとして提供する開発を進めている。

なお、10月27日より11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」の主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB(トーキョーコネクテッドラボ)2017」において、この「レーン別渋滞情報」表示を紹介する予定。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated