テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/02/08
  • Motor Fan illustrated編集部

ロールス・ロイス、最新のインテリジェント・エンジンのコンセプトを発表! 

航空機用のエンジンのお話です

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロールス・ロイスがシンガポール航空ショーにて次世代のインテリジェント・エンジンのコンセプトを発表した。航空産業の発達による航空機利用者の増加に合わせて、より経済的かつ安全な航空機のニーズがさらに増えている。ロールス・ロイスはこれらのニーズに応えなければならない未来の航空機のエンジンのビジョンを提示した形になる。

現代の世界では製品とサービスが区別できないほど密接な関係になっているというロールス・ロイスの認識の下、この「インテリジェント・エンジン ビジョン」はある。同社はすでに1990年代からTotalCareを導入しており、業界内でも特にサービスケアに注力してきた。現代のデジタルテクノロジーと合わせて、ロールス・ロイス社はカスタマーに対して幅広いサポートが可能となっている。
デジタル技術を駆使した設計、性能試験、メンテナンスに加えて、「インテリジェント・エンジン」は更にエンジン内部と制御システムが密接に関係し、信頼性と経済性の向上につながる。カギとなる3つの特徴は

・コネクティビティ: 機体のエンジン同士、制御システム同士、また地上のカスタマー/整備士などと双方向の情報交換が常時可能となる。

・コンテクスト・アウェア: エンジン近辺及び内部の機器類の状態などを自動的に認識し、人の介入を待たずに自動的に適応する。

・適応: 蓄積された記録や、ネットワーク上の他のエンジンの記録などから最適なパフォーマンスへ自動的に調節する。

ロールス・ロイス カスタマーサービスDominic Horwood氏は同イベントにおいて、
「我々にはこのコンセプトの実現を可能にし得る人材、インフラ、そして技術に恵まれている。このインテリジェント・エンジン コンセプトは現行のエンジン、将来導入予定のUltraFan エンジン、さらには電気ハイブリッドコンセプトエンジンなどを更に効率的にすることができるだろう」
とコメントした。

2017年12月に運用開始したロールス・ロイスR2 データ・ラボが今回のインテリジェント・エンジン コンセプト実現に向けた原動力となる。最新のデータ解析、工業AI、機械学習技術を駆使し、R2 データ・ラボがカスタマーのニーズに応えるさまざまな提案を提供できるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated