MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > スズキ > エスクード > スズキ・エスクードに待望の高性能モデル「1.4ターボ」追加!
  • 2017/07/27
  • 遠藤正賢

スズキ・エスクードに待望の高性能モデル「1.4ターボ」追加!

最大トルク21.4kgmを2,100~4,000rpmで発生。内外装はホットハッチさながら

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ・エスクード1.4ターボ。ボディカラーはブライトレッド5×ブラック2トーンルーフ
2015年10月の日本仕様発売当初は、1.6L直4ガソリンエンジン+6速ATのみを設定していたスズキの本格コンパクトSUV「エスクード」に、1.4L直噴ターボ「ブースタージェットエンジン」+6速AT搭載モデルを追加。スポーティグレード「1.4ターボ」として、7月26日に発売した!
高輝度シルバー塗装のルーフレールおよびドアミラーを装着したエクステリア

現行4代目エスクードは、小型クロスオーバーSUV「SX4 S-クロス」譲りの新世代Cセグメント用FFプラットフォームを採用。ビルトインラダーフレームを持たない通常のモノコックボディを採用するとともに、ハンガリー子会社・マジャールスズキ社で生産したものを日本へ輸入している。

K14C型1.4L直噴ターボエンジン

日本で販売されるスズキ車としては初搭載となるK14C型1.4L直噴ターボエンジンは、6つの噴射口を持つマルチホールインジェクターを横一列に配置しつつ、高圧燃料ポンプで燃料を微粒化しつつ燃圧を緻密に制御。

レギュラーガソリン対応ながら、1.6L NAエンジンに対し19psアップの136ps/5,500rpmを確保した。最大トルクも1.6L NAエンジンの15.4kgmから21.4kgmへと大幅に増強され、かつ2,100~4,000rpmの低回転かつ広い範囲で発生する扱いやすい特性を得ている。

1.4L直噴ターボエンジンと6速ATを搭載したエンジンルーム

パドルシフトによるマニュアルモードを備えた6速ATは、1.6L NA用に対し1速および2速を中心にギヤ比を高め、静粛性と燃費を改善。その結果、JC08モード燃費16.8km/Lを達成している。

発売前に行われたメディア向け撮影会では、急坂のある会場内でごくわずかに発進加速を試してみたが、1.6L NAモデルでは1,200kg強の車重に対し「1人乗りなら必要充分」レベルだったものが、この1.4Lターボでは余裕かつ意のままに急坂を上れることが確認できた。

縦格子のグリルや赤のプロジェクターカバーを装着したフロントマスク
ブラックに塗装された17インチホイール。タイヤは215/55R17 94Vのコンチネンタル・コンチエココンタクト5

内外装も、上質感を追求した従来からの1.6L NA車と大きく異なる、スポーティなテイストが与えられている。

エクステリアには、5スロットタイプのメッキフロントグリル、ブラック塗装の17インチアルミホイール、レッドプロジェクターカバー付きLEDヘッドランプ、高輝度シルバー塗装のLEDサイドターンランプ付きカラードドアミラーおよびルーフレールを装着した。

赤のアルマイトリングやステッチでスパルタンな雰囲気に仕上げられた運転席まわり

黒を基調とした本革×スエード調シートも赤のステッチ入り

インテリアにも、レッドステッチ入りのステアリングホイール・シフトブーツ・シート、アルマイトレッド加飾入りのメーターリング・エアコンルーバーリング・センタークロックガーニッシュ、ステンレス製ペダルプレートを装着。黒を基調としながら赤のアクセントを加えた、ホットハッチさながらの装いにコーディネートされている。

さらに、フロント2個・フロントツイーター2個・リア2個で構成される6スピーカー、アームレスト機能付きコンソールボックス、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備。従来からのミリ波レーダーによる「レーダーブレーキサポート2」やACCに加え、安全・快適装備を充実させた。

サバンナアイボリーメタリック×ブラック2トーンルーフ
アトランティスターコイズパールメタリック×ブラック2トーンルーフ

ボディカラーはブライトレッド5、サバンナアイボリーメタリック、アトランティスターコイズパールメタリックにブラック2トーンルーフを組み合わせた3種類のほか、ギャラクティックグレーメタリック、コスミックブラックパールメタリック、クールホワイトパールのモノトーン色3色を設定。

「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4種類からなる走行モードに、4WD制御と電動パワーステアリングとの協調制御による操舵トルクアシスト機能を備えた電子制御4WD「オールグリップ」搭載モデルのみの設定で、価格は2,586,600円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る