MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. 86

新たにフットワークアイテムへと加えられた“ハイパーマックスG”に注目! 【86&BRZ チューニング最前線~その5~】HKS

  • 2017/08/21
  • HYPER REV編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年の誕生以来、大いに盛り上がるトヨタ86とスバルBRZのカスタマイズ&チューニングシーン。その最新例となるデモカー&パーツを連載でご紹介します。

第5回目は、国内屈指のチューニングパーツメーカーとしてパーツ開発に取り組み、86&BRZチューニングの世界を牽引しているHKS。MTとAT、それぞれの後期モデルを登場させました。

フラッシュエディターやGTスーパーチャージャーといった主力アイテムの後期対応も完了しており、吸排気チューンのNA仕様から、レスポンシブルでトルクフルなS/C仕様まで、思う存分楽しめる環境が整ったHKSの86。なかでもトピックは、新たにフットワークアイテムへと加えられた“ハイパーマックスG”といえるでしょう。

ハイパーマックスGは、減衰力固定のノーマル形状ダンパーにローダウンスプリングを組み込んだ仕様。レスポンス良く減衰が立ち上がる単筒式を、さらに剛性が要求されるフロントには倒立構造を採用しています。

多岐にわたる仕様を構築できる懐深さで、ユーザーをアシストしていくHKS。車高調ではなく、もっとイージーに快適なフットワークへ導きたいと考えるストリートユーザーのニーズ応えるべく発表されたハイパーマックスG同様、今後、どのようなメニュー提案を繰り出してくれるのか目が離せないところです。

ノーマル形状を採用したハイパーマックスGは、フロント2.9㎏ /㎜、リア4.6㎏ /㎜で乗り心地を高めたコンフォートモデル。ノーマル形状でもしっかりとした減衰力を発揮するため、スポーツラジアルとのマッチングも良好です。

MT 後期モデルで残されている課題といえば、S/C 仕様とした際のオイルクーラー。バンパー両サイドに開口部のない後期でも適正油温に導けるよう、フォグレス仕様を前提に専用導風板を加えたモデルを開発中とのことです。

☆当デモカー及びパーツの最新情報は

HKS(エッチ・ケー・エス)のHPまで!(https://www.hks-power.co.jp/)

ハイパーレブ vol.219『トヨタ86&スバルBRZ No.9』

ハイパーレブ vol.219『トヨタ86&スバルBRZ No.9』絶賛発売中!

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ