Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. BRZ

新型スバルBRZ vs 次期日産フェアレディZ vs トヨタ・スープラ サイズは? パワーは?マツダ・ロードスターRFと比べたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型スバルBRZがお披露目された。北米での発売は2021年秋ということだ。BRZと兄弟車であるトヨタ86も遠からず発表されるはず。21年にはおそらく次期日産フェアレディZも登場するはずだ。スバルBRZ/トヨタ86、日産フェアレディZ、そしてトヨタ・スープラを並べて比較してみよう。

まずはボディサイズから

まずは、ボディサイズから。
新型BRZの概要はこちらの記事をご覧いただきたい。

【スバル新型BRZ新旧比較】ボディサイズは? エンジンは? 装備は? 8年分の進化を比べてみた

11月18日に世界初公開された新型スバルBRZ。2012年に登場した初代の後継モデルとなるわけだが、8年の歳月を経た新型の進化は...

あわせて読みたい
上から新型スバルBRZ、次期日産フェアレディZ、トヨタ・スープラ

3台ともに、ロングノーズ、ショートデッキの典型的なスポーツカーのプロポーションをもっている。典型的である理由は、3台ともにFR(フロントエンジン、リヤ駆動)であるからだ。
それでも、新型BRZのキャビンがやや大きく見えるのは、BRZが2+2(つまり乗車定員は4名)だから。フェアレディZとスープラは2シーターである。

新型スバルBRZ

新型BRZのボディサイズは
全長4270mm×全幅1775mm×全高1310mm、ホイールベース2575mm
である。
ホイールベースの2575mmは現行型より5mm長いが、おそらくプラットフォームは現行型のキャリーオーバーだろうと予想する。

次期日産フェアレディZ(Prototype)

対する次期日産フェアレディZもおそらく2021年中には正式にデビューするはずだ。

日産次期型フェアレディZ「フェアレディZ プロトタイプ」発表 V6ツインターボ+6MT!日産「Zカー」の伝統に則ったFRスポーツカー

日産はフェアレディZの次期型プロトタイプである「フェアレディZ プロトタイプ」をオンラインで発表した。

あわせて読みたい

次期フェアレディZのボディサイズは
全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mm、ホイールベース2550mm(予想)

ホイールベースの2550mmは予想値だ。こちらもおそらくプラットフォームは現行型からキャリーオーバーされるだろう。SUV人気、電動化、厳しいCO2排出量規制のもとで、まったく新規にスポーツカーを開発するのは難しい。プラットフォームをキャリーオーバーして熟成させて性能を上げていくのが現代流のスポーツカー開発だ。

トヨタ・スープラ

トヨタ・スープラはBMWと共同開発というカタチで生まれたFRスポーツカーだ。

ボディサイズは、全長4380mm×全幅1865mm×全高1295mm、ホイールベース2470mm

3台のスポーツカーのなかでもっともホイールベースが短いのがスープラだ。全長は次期フェアレディZとほぼ同じ。全幅の1865mmはもっとも広い。グラマラスなボディがスープラの特徴だ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ