MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

実はフレームも足周りも一新! 単なる新型ではない! PCXハイブリッドが来年発売【東京モーターショー2017】

  • 2017/10/31
  • MotorFan編集部 山田 俊輔
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京モーターショーで初披露となったホンダ・PCXハイブリッド。ハイブリッド化による車重増は4kg程度にとどめているという。

10月25日に開幕した第45回東京モーターショー2017(会場:東京ビックサイト)。「PCXハイブリッド」と「PCXエレクトリック」ホンダブースで初披露された2台のPCXは大きな話題に。その中の1台、エンジンとモーターを組み合わせたPCXハイブリットについて、開発スタッフに話を聞いた。(PHOTO:てつかたかし/山田俊輔)

新型PCX登場! ハイブリッドの前にまずはエンジン版がデビュー

サイドカウルにはホンダの四輪と同デザインのHYBRIDのロゴを採用。
2010年3月、4スト124ccの水冷エンジンを搭載してホンダから登場したPCX。少し大柄でゆったりとしたボディと、たっぷりのシート下容量によって、通勤用としてはもちろん、100km超のプチツーリングも楽にこなせると、125ccスクーターブームのきっかけに。以来、低フリクション設計のグローバルエンジン「eSPエンジン」を搭載したり、灯火類をフルLED化したりとモデルチェンジを繰り返し、今では街に出れば、見かけない日はないくらいポピュラーな存在に。

今回の東京モーターショーでは、そんなPCXに大きな動きがあった。ホンダブースに飾られていた2台のPCX。「PCXハイブリッド」と「PCXエレクトリック」である。クルマでは今や当たり前となっているハイブリッドを、2輪の市販車として世界で初めて実現し、来年には発売する予定なのだという。(PCXエレクトリックの詳細は後日掲載予定)

PCXハイブリッドのパワーユニットには、従来のPCXと同様の124ccのeSPエンジンを使用。PCXのエンジン始動には、従来同様に「ACGモーター」が用いられている。ACGモーターとはスクーター用の発電機能とスターターモーター機能を一体化した物のことで、セルモーター式のようにギヤがかみ合うときの音が発生しないのが特長。今回はそのACGモーターを12Vから48V化して、その出力を常用することで、大トルクがエンジンをアシストする「マイルドハイブリッドシステム」を採用している……というのが大まかな概要だ。48V・ACGの搭載に伴い、従来のバッテリーとは別にリチウムイオン電池も追加で装備している。

従来のPCXの燃費はWMTCモード値で50.6km/L、過去に我々が行った実走テストでも50.17km/Lという優れた実力を誇っているので、今回のハイブリッド仕様は更なる燃費性能を……というよりも、パワーアップ的な意味合いの方が強いのだという。

現行モデルの開発にも携わっている本田技術研究 二輪R&Dセンターの大森純平さん。
「スクーターは自動変速の特性上、スロットルオンからワンテンポ遅れて速度が乗るような印象となりがちです。その部分をモーターが補いレスポンシブルに加速できるように意識しました。従来よりも増したトルクのおかげで急な坂道でもしっかり加速します」と本田技術研究 二輪R&Dセンターの大森純平さん。

また、PCXの特長でもあるアイドリングストップ機能は、停車から3秒程度でエンジンが停止していたものを、わずか0.5秒に短縮。エンジンの再始動も、今までは「スロットルオン→始動(をしっかり終えて)→発進」という3ステップから「スロットルオン→(始動しながら)発進」と、工程を短縮したような印象となり、よりストレスフリーに。これも48V・ACGの大トルクのおかげで実現できたのだという。

そんなパワーユニットばかりに目を奪われがちだが、車体を見ると、従来モデルと異なっている部分がいくつもあることに気が付く。
その一つがメインフレームだ。スクーターで多くされるアンダーボーンから、ミッション車でみられるダブルクレードルに変更。剛性が高められた分、軽量化を施し、2.4kgほどシェイプアップしている。
これに加えて足周りも変更済みで、前90/90-14、後100/90-14という細身だったタイヤから前100/80-14、後120/70-14にサイズアップ。それに伴いホイールも一新され、ブレーキもABS化された。
この他にもスマートキーの新採用やフロントマスク&テールレンズのデザイン変更、肉厚になったシートなど多岐に渡る。これらの中にはユーザーからの声に応えたものも多く、今回の新型の登場はまさしく全方位でグレードアップしたと言ってもよいだろう。


なお、このPCXハイブリッドは、124ccエンジンに48V・ACGモーターを追加する形だが、登録区分は、従来と同じ「原付2種」=「124ccスクーター」のままとなる。発売は来年を予定している。

同日発表のPCXエレクトリックの詳細記事はコチラ

新排ガス規制に合わせてマフラーも新タイプに。
駆動系ユニットはドライブプーリー径を大きくしてフリクション低減。出力アップに直結している。
太足化された足周り。ABSとCBS(コンビブレーキ)の2タイプを展開する可能性も。
新デザインのスピードメーターは、フルデジタル化としている。
左手にメーター切り替え用のモードスイッチを新装備。
PCXらしさは活かしつつ、切れ長なデザインに。
テールデザインも変更。ホンダの4輪と合わせてテールレンズはブルーに。

新型PCX登場! ハイブリッドの前にまずはエンジン版がデビュー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ