MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. イベント
  3. 人とくるまのテクノロジー展2018

じつは、GMや、BYDをはじめとする中国メーカーのEVではシェアほぼ100% 日本イートン、得意のスーパーチャージャーに加えて、高電圧EV用PDUを展示 [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

  • 2018/05/23
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
シボレー・コルベットZR1が使うイートン製スーパーチャージャー

日本イートンは、人とくるまのテクノロジー展2018横浜で、スーパーチャージャーユニットと並んでEV用のPDUを展示した。イートンとEVという組み合わせが新鮮だったが、果たしてイートン製PDUとはどんなものだろうか?

コルベットZR1が使うイートン製スーパーチャージャー、R2650

ボルボが使うTVSスーパーチャジャー、R410。

 日本イートンのブースには、いつものように自動車エンジン向けのスーパーチャージャーが展示されていた。ひとつはR410という型式で、同社のTVS(ツイン・ボルテックス・シリーズ)のスーパーチャージャーだ。TVSは、ローターが4枚(4葉)で、捻り角度が160度のローターを使うタイプ。現在自動車用のスーパーチャージャーは事実上イートン製が独占している。このR410はボルボのDrive-Eエンジンが使っている。

【初公開】史上最強の「シボレー コルベットZ06」がデビュー!

 その隣には、ひときわサイズの大きなスーパーチャージャーが展示されていた。型式「R2650」。これは、GMのシボレー・コルベット向けに開発されたスーパーチャージャーで、最強モデル「ZR-1」が搭載する6.2ℓV8OHVに装着して755ps/969Nmという途方もないパワー&トルクを叩き出す。

 イートンは、TVSシリーズの次世代スーパーチャージャーを開発中だが、今回はそれは展示していなかった。

ターボに負けない!イートンの機械式スーパーチャージャーも新世代へ

じつはイートンの得意分野、EV用PDU

右がEV用のヒューズで、左に見えるのが350V対応のPDU

 日本イートンが今回出展の目玉に据えたのは、EV用のPDUだ。PDUとは「パワー・デストリビューション・ユニット」のことで、バッテリーとインバーターの間に搭載されるデバイス。パワーエレクトロニクスに分岐するすべてのアプリケーションを監視、管理し、電気システムを保護する役割を担う。これまでは2012年にイートンが買収した「クーパー・インダストリー」社の製品で、BUSSMANNブランドで展開していたが、買収にともなって「EATON BUSSMANN」シリーズとなっている。

 同社のPDUは、GMのEV、中国BYD社、および多くの中国メーカーのEVで非常に高いシェアを誇っている。もともと、高電圧のヒューズメーカーとしての実績がある同社だが、EVの高電圧化にともなってEVでのアプリケーションが拡大しているとのことだ。

これがEV用のヒューズ

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ