MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/07
  • ニューモデル速報

三菱エクリプスクロスの使い勝手を徹底チェック!

MotorFan.jp使い勝手シリーズVol.2 『MITSUBISHI ECLIPS CROSS』

このエントリーをはてなブックマークに追加
クーペ風のスタイルだけに注目すると、このクルマの本質を見失うかもしれない。広い空間を用意した後席、使い勝手を考えたラゲッジルーム。さらにはこだわりの視界に乗降性への配慮。きわめて高い実用性もエクリプスクロスで目すべきポイントである。

スタイル最優先でも実用性は犠牲にしない

取材車のプロフィール G Plus Package ボディカラー:レッドダイヤモンド メーカーオプション:電動パノラマサンルーフ、ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム ディーラーオプション:ドアスイッチパネル、フロントバンパーガーニッシュ、リヤバンパーガーニッシュ、フロントコーナーエクステンション、サイドエクステンション、リヤコーナーエクステンション

タッチパッドコントローラーを初採用

 手元でオーディオ機能付きディスプレイを操れるコントローラーを三菱車初採用。ダッシュボード上部のディスプレイを見ながら各種操作ができる初めての三菱車なのだ。パッド下にはメニューを呼び出す物理スイッチも用意している。

サブウインドウで視界を確保

 下側のサブウインドウや下げると視界を邪魔しない後席ヘッドレストなど、後方視界確保に徹底的にこだわっている。サブウインドウはコストも掛かるし、なくても法規などは問題ないが、開発責任者のこだわりで組み込んだそうだ。

ヘッドアップディスプレイを装備

 HUD(ヘッドアップディスプレイ)も三菱車では初めての採用。メーターフード上部にエンジンのオン/オフに連動して透明のボードが開閉し、そこに車速などの情報をカラーで表示する。前方との視線移動を最小限に情報が確認できるのだ。

運転席まわり  先進性と操作性を兼ね備えたレイアウト

水平基調のダッシュボードとしているのは、悪路走行時に車体の傾きを瞬時に把握しやすいようにという意図。クーペスタイルのクロスオーバーだが、三菱オフローダーの血筋を感じさせる。「G Plus Package」に備わるディスプレイは手元のコントローラーによる操作を前提としており、視認性重視で奥に装着されている印象。

 大きなアナログメーターを並べたシンプルな意匠に加え、常時発光式でコントラストが強いのも見やすさにつながっている。中央のディスプレイはフルカラー。従来の三菱車より表示を一部変更して見栄えを良くしている。

左側はオーディオの操作、カメラの切り替えやハンズフリー通話、そして音声操作の発話スイッチだ。
操作性を求め左右で形状が違う。右は渋滞時の停止保持まで可能な追従型クルコンの操作スイッチで「G」以上に採用。

 シフトレバーは高級感を醸すブーツ付き。前進のレンジは「D」だけで、左側へ倒すと前後の動きでシフトアップ/ダウンするマニュアルモードに入る

「M」のパーキングブレーキはレバータイプ

「G Plus Package」以外はダッシュボード上部にナビ装着スペースを用意。そして「M 」ではパーキングブレーキがレバー式となる。なんとあのランエボと同様に、サイドブレーキをきっかけにしたターンができるように、レバーを引くとセンターデフがフリーになる。

ナビ・AV・空調 スマートフォンとの連携を前提にしたシステム

 ディスプレイは7インチ。タッチパネル操作が行なえるほか、スマホを接続するとステアリングスイッチで音声入力を起動してスマホの音声入力機能が使えるようになる。またホーム画面の呼び出しやアプリ立ち上げの選択、そしてオーディオメニューは左に配置されたスイッチに触れると画面が切り替わる。

 「G Plus Package」には車両周囲360度を見渡せるマルチアラウンドモニターを標準装備。周囲の車両や駐車枠との位置関係が把握しやすく、駐車をサポートするだけでなく、助手席側側面や車両前後など直近の死角まで確認できる安全ツールとしてのメリットも大きい。

 エアコンは全車とも左右独立温度設定式のフルオート。操作はすべてプッシュボタン式だ。ランプがついている「SYNC」のスイッチは、左右独立温度設定ではなく左右の温度を連動させるモード。

HUDの表示

 ヘッドアップディスプレイには車速のほか、クルーズコントロール、ナビの簡易案内、ブレーキの警告などを表示。実際のところ視線を下げてメーターを見なくても、この部分を確認するだけで運転できる。

メーター中央のマルチインフォメーションディスプレイ

AS&Gとは「オートストップ&ゴー」の略で、エンジンを自動停止していた時間をカウントする。エコ運転度が高いほど緑の葉が増えていく。
ヨーモーメントの強さとセンターデフのロック率(前後輪間の作動制限力の強さ)を表示。アウトランダーに比べるとグラフィックが精細になっている。

クルーズコントロール。画面上部にクルーズコントロールの設定車速と設定車間距離が表示される。その下にあるのはバーグラフの瞬間燃費計で「▼」は平均燃費を示している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る