Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 三菱|MITSUBISHI
  4. エクリプスクロス

デザイン一新&PHEVを追加した新型三菱エクリプス クロスが登場! ツインモーター4WDの走りは悪天候でも頼もしい

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型エクリプス クロスに設定されるPHEVモデル。EV走行とハイブリッド走行(シリーズもしくはパラレル)を状況に応じて使い分けて走行する。

2017年に登場した三菱のクロスオーバーSUV、エクリプス クロスがこのたびデザインを一新し、新たにPHEVモデルを追加する。10月15日から予約注文の受付を開始し、発売は12月を予定。価格はPHEVモデルが約385万円〜450万円、ガソリンモデルが約255万円〜約335万円となる見込みだ。

TEXT●安藤眞(ANDO Makoto) PHOTO●三菱自動車工業/MotorFan.jp

エクリプス クロスPHEVはツインモーター4WD&S-AWCによる走りの楽しさも自慢

かねてからティザーサイトでその存在が明かされていた新型エクリプス クロスPHEVが、10月15日に正式発表。12月の発売に向けて予約受注を開始すると同時に、既存モデルのマイナーチェンジも発表された。

主な変更点は、パワートレーンのラインナップとデザイン。パワートレーンにはPHEV(外部からの充電もできるハイブリッド仕様)が加わる代わりに、2.3Lターボディーゼルがディスコンとなった。一部では「三菱はディーゼルエンジンの開発を中止」という記事も流れているが、これは誤報。三菱によれば「デリカD:5や新興国向けモデルもあるので、中止する予定はない」とのこと。今回の措置は、単に「ラインナップ数を増やさないため」というのが真相だ。

フロントマスクは三菱のアイデンティティである“ダイナミックシールド”を押し進め、近未来的なイメージとなった。ランプの配置はデリカD:5と同様、最上段がシグネチャー&ターンシグナル、その下がプロジェクター式ヘッドランプで、最下段がフォグランプという構成だ。

バックスタイルはバックドアガラスのダブルウインドウをやめ、オーソドックスなシングルウインドウとなった。ワイパーもスポイラー内蔵からガラスの下部に移されている。従来型のデザインも、バックドアを横切るテールランプがウイング風に見えて個性的だったが、コスト面で厳しかったのかも知れない。

デザイン変更に合わせて全長も140mm延長。内訳は、フロントオーバーハングが35mm、リヤオーバーハングが105mmで、ラゲッジスペースも少し拡大しているようだ。

新型は前後オーバーハング(主にリヤ側と思われる)を140mm延長。フロントマスクは「ダイナミックシールド」を継承しつつ、リフレッシュ。上部にデイタイムランプとターンランプを配置し、バンパー部にはヘッドランプとフォグランプを五角形のベゼルに収納。なお、上級グレードのヘッドライトはLEDタイプとなる。写真の車両のボディカラーは、「ダイヤモンドカラー」シリーズ第2弾の新色「ホワイトダイヤモンド」だ。
こちらは現行型で、全長×全幅×全高は4405×1805×1685mm(新型の諸元は未公表)。1.5L直4ターボと2.3L直4ディーゼルターボを搭載。
新型はリヤスタイルを刷新。リヤウインドウがシングルタイプに変更されたほか、背面装着のスペアタイヤからインスパイアされた六角形がモチーフのリヤゲートパネルが特徴だ。
現行型は特徴的なダブルウインドウを採用していた。
インテリアではセンターディスプレイが7→8インチになったほか、エアコンパネルも新デザインに。PHEVモデルのステアリングホールには、回生レベルセレクター(パドル式)を装備。
右側に速度計、左側にEV出力や回生ブレーキ量などが確認できるパワーメーター、そして中央に液インフォメーションディスプレイを配置する。
PHEVモデルのシフトレバーは、アウトランダーPHEVに似た形状。ドライブモード切り替えスイッチや、バッテリーセーブモード/チャージモード切り替えスイッチなども備わる。現行型ではオーディオ操作などが可能なタッチパッドがあったが、新型のPHEVモデルでは姿を消した。
新型はシートのバリエーションを拡大。写真は新たに設定されたエンボス加工のスエード調素材と合成皮革を組み合わせたシート。
そのほか、メーカーオプションの本革シートにライトグレーが追加された。
ラゲッジルームの奥行きは、リヤオーバーハングが延長されたことにより少し広くなったようだ。
PHEVモデルの荷室の床下はご覧の通り。左側に12Vバッテリーが移動してきたため、ガソリンモデルよりも狭くなっている。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ