MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/05
  • HYPER REV編集部

【速報】新型ジムニーの発表と同時にカスタマイズバージョン現る!

エヌズステージがいち早くリフトアップしたジムニーをお披露目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本中、いや世界中のクルマ好きが注目していた新型ジムニーがついに発表・発売となった。
全国の販売店にデリバリーされ、すでに実車を目にした方もいるだろう。

一方、これまで14年間にわたってジムニー新車販売で日本一の実績を築いてきた岩手のエヌズステージでは、いちはやくオリジナルカスタマイズを施したモデルを発表するというので、さっそく盛岡に向かった。

店舗に到着すると、黄緑色のノーマルカーが早速お出迎えだ。

そして、ピットに移動すると、発表会に向けて準備中のジムニーとジムニーシエラが。
情報どおりカスタマイズされている。

一目見て、「カッコいい」の一言。
発表会前の慌ただしいなか、無理を言って少しだけ話を伺った。

先代JB23と同様のラダーフレームが採用されるということで、20年にわたって開発されてきたアフターパーツの多くが流用可能と推測されてきたが、実際はどうなのだろう。

新型ジムニーに関しては、今回、オフロードサービスタニグチのキットで3インチのリフトアップを行なっているとのこと。
ショックはKYB製ハイブリッジファーストチューンの13段調整式。
ホイールは、RAYS製で、フロント・リアともに16×5.5J+20。
タイヤはフロント・リアともに185/86R16。

今回は、発表会に合わせて仮組みした状態で実際に走っていないため、クルマが動いた状態でのパーツの干渉などの検証はこれからだという。
ただ、リフトアップによってプロペラシャフトの角度が変わることで、クロスメンバーへの干渉が確認されている。
このあたりはアフターパーツとしてのクロスメンバーの開発が行なわれるだろう。
また、リアショックについても、装着にあたってはスペーサーが必要だという。

また、車高アップにあたり、新型ジムニーにモデルによって採用となっているレーダーブレーキサポートへの影響が考えられるという。
従って、エヌズステージとしては、現在はお客様の要望とあっても、レーダーブレーキサポート搭載モデルにリフトアップは行わないポリシーだというが、今後の検証によっては方向性が変わる可能性もあり、車高アップを希望するユーザーの皆さんは、経験値の高いショップ等で相談してみる必要がありそうだ。

さらに取材を進め、次の記事で一歩踏み込んだ内容をご紹介したい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る