MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スイフトスポーツ

歴代スイスポを乗り尽くすレブスピード加茂が担当する「ZC33S論」 すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第1回:進化したスイフトスポーツ

  • 2018/07/17
  • レブスピード編集部 加茂 新
このエントリーをはてなブックマークに追加
1.4L+ターボ+6MT or 6ATのFFレイアウト。140ps/23.4kgm 970kg でJC08モード燃費16.4km/L 価格は170万円(税別)

ZC31Sを2台で計5年、ZC32Sを約6年。そしてついにZC33Sを導入。これまでの編集人生のすべてがスイフトスポーツとともにあり、全国のサーキットを自走で走った。そんなスイフトを愛するREVSPEED加茂の最新スイフト情報!!

 恒例のスイフト(ベースモデル)モデルチェンジから約1年。2017年秋に登場した新型スイフトスポーツ。これまでのM16Aユニットに別れを告げ、K14Cを採用した。
 簡単にいうと、NA1600ccの高回転ユニットから、1400ccターボの低回転モリモリ系にシフトした。

 デザインも性能もZC31SからZC32Sは正常進化だった。ZC33Sもキープコンセプトなんだろうけど、大幅に異なる進化。ボディはバレーノ系の軽量シャシーをベースとして車重はなんと80kgダウンの970kg。エンジンもターボ化して少し異なるキャラを目指したような印象を受ける。

 とはいえ、すべては走りの性能の底上げのため。すでに試乗会やショップデモカーにもたっぷりと乗せていただいている。なかにはタイムアタックドライバーを加茂にゆだねるという強心臓なお店もあり、サーキットもかなり走ることができている。そこから感じたのは「こりゃ、とんでもないクルマだ」ということ。

 どうとんでもないかというと、まずはサス。
 煮詰められた足まわりは先代からの流れを感じるが、すごくハイレベルにまとまっている。ハンドリングがアンダーステアっぽくなく、スルスルと曲がる感じが極めて「スイフトスポーツっぽい」。この価格帯のクルマでありながら、ハンドリングにスイフト独自のキャラクターが感じられる。
 高級車には独特の乗り味があることが多いが、100万円台のクルマにハンドリングのキャラクターがあるのは異例のことではないかと思う。
 今回もダンパーはモンローブランド。先代よりも街乗りでのゴツゴツ感は軽減しながら、ワインディングやサーキットでの姿勢変化は少なくなったように感じられる。これには今回初採用のコンチネンタル製タイヤも効いていることだろう。

 編集部ではZC33Sを導入し、これから徐々にチューニングしつつ、サーキットを走らせる予定。コストパフォーマンスに優れ、今一番遊べる素材のスイフトスポーツで、どんな楽しみ方があるのかを、提案する予定!!
次回は新車の慣らしとオイル交換から。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ