MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > M2 > 【インカー映像】いまどきMTで乗れるハイパワーFR、BMW M2をサーキットで走らせたら、驚くほど楽しいクルマだった!
  • 2018/07/24
  • GENROQ編集部

【インカー映像】いまどきMTで乗れるハイパワーFR、BMW M2をサーキットで走らせたら、驚くほど楽しいクルマだった!

GENROQ的サーキットのススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW M2 価格802万円
スポーツカー自体がめっきり減ってきた昨今、MTのスポーツカーなどほぼ絶滅危惧種である。しかし輸入車の中には、未だにハイパワーFRで古典的なMTを採用している車種がある。セントラルサーキットでレーシングドライバーの田中哲也氏が試乗してその魅力を再考した。
REPORT◎田中哲也(TANAKA Tetsuya) PHOTO◎松尾彰(MATSUO Akira)

今一番速くて楽しいMT+FR?

 
 初めてのM2サーキット走行はとても楽しかった。このM2こそがちょっと前までのM3ではないか、そう感じさせてくれた。370psを発生する3.0ℓ直6ターボは充分に速く、元気が出るエンジンサウンドで“走っている感”が強い。
 
 M2のサーキットにおける爽快感は、3.0ℓ直6ターボエンジンから来るものであることは言うまでもないが、その魅力のひとつはパワーバンドの広さだ。低回転域からトルクがあって、それでいてレッドゾーンぎりぎりまでエンジンがきっちり回る。長いコーナーなどで、あえて1段上のギアを選んでも走りやすいと感じられた。
 

 さらにトラクションがいい。さすがにタイトターンで舵があたったままスロットルを開けるとリヤが暴れるし、究極は4WDやミッドシップ車の方がさらに有利だが、フロントエンジンのわりに路面にうねりのあるコーナーでもしっかりと加速してくれた。

 サスペンションはサーキットだけなら少し硬くした方がいいが、街中も考えるとちょうどいいバランスだ。アンダーステアが少なく、気持ちよく走れた。足が柔らめだから、トラクションはしっかりかかった。
 

 DSCはサーキットなら完全オフがいいが、わずかにトラクションコントロールが介入するDSCトラクションはサーキット走行に自信がないなら有効な機能だ。ドライブモードをスポーツプラスにすればDSCオンでもそこそこ楽しめる。

BMW M2のインカー映像 セントラルサーキット

レーシングドライバー 田中哲也
『GENROQ』ではおなじみのサーキットご意見番。スーパーGTやフォーミュラで数々の戦歴を誇るレーシングドライバー。2018年シーズンはスーパー耐久GT-XクラスにMAXレーシングからレクサスRC F GT3で参戦中。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る