MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/14
  • MotorFan編集部

〈BMW M2〉内外装からエンジンまで全領域をアップデートし、さらなる高みへ【ひと目でわかる最新スポーツカーの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Country:Germany
Debut:2016年1月(「M2 Competition」発売:18年8月)
車両本体価格:876万円~901万円

REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
フロントバンパー、キドニーグリル、ドアミラーのデザインを変更。なかでも左右が連結したように見えるブラック仕上げのグリル、空力性能を高めたドアミラーは、従来の「M2」との識別点としてわかりやすい。
3.0ℓ直列6気筒ターボエンジンは最高出力を410㎰、最大トルクを56.1㎏mへとアップ。冷却システムも強化され、その名の通りコンペティション向けの進化を遂げた。M3やM4などと同じカーボン製ストラットブレイズも装備。
ホイールもデザインを一新した専用19インチを標準装備。ミシュランのパイロットスーパースポーツが組み合わせられる。大径ディスクとグレーメタリック仕上げのキャリパーを備えるMスポーツ・ブレーキも新採用。
従来の「M2」と比べて、センターパネルから助手席前に至る周辺のデザインを変更。よりシャープな印象が高まった。Mスポーツ・レザーステアリングには、事前にメモリーした好みの車両セットアップをすぐに呼び出せるスイッチが新たに装備されている。

アグレッシブな走りにも対応するMスポーツ・シートを新たに採用。バケットシートのような高いホールド性を実現している。後席スペースにも必要十分な広さが確保されており、実用性はベストインクラスと言える。


6速MT車はレザーシフトノブとスエード調シフトブーツを装備。アクセルペダルは微妙なペダルワークにも対応できるオルガン式を採用する。6速MT車のブレーキペダルとクラッチペダルは少し右側にオフセットされている印象で、ペダルタッチはかなり軽い。

奥行き約910㎜、最小幅約940㎜の実用的なラゲッジルームを完備。後席はセンタースルーにも対応する4対2対4分割可倒式となっており、シートバックを倒せば最大で約1730㎜もの奥行きを確保することができる。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.117 2019年 スポーツカーのすべて
最速試乗! 新型スープラを公道で試す!!

直6 & 直4の実力を徹底チェック
スープラ完全復活

フレンチスポーツの現在
アルピーヌA110 & メガーヌR.S.

up! GTI、新型Z4からケイマンまで
スイスポ、GT-R、NSXも網羅!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る