MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > M2 > 新しいBMW M2とBMW M5には究極のドライビングプレジャーがある!
  • 2018/10/13
  • GENROQ編集部

新しいBMW M2とBMW M5には究極のドライビングプレジャーがある!

新型BMW M2コンペティション/M5コンペティションに試乗

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW M2 Competition
ただでさえハイパフォーマンスなMモデル。そこにコンペティションの名が与えられると、その獰猛さは一層激しくなる。410psとなったM2と、25psアップした625psを得たM5。コンペティションの実力を清水和夫がスペインのアスカリ・サーキットで試す。
REPORT◎清水和夫(SHIMIZU Kazuo)

 BMWの走りの象徴であるMは多様化している。現在Mファミリーは4つのカテゴリーに分類される。まずベーシックなのが「Mパフォーマンス」と呼ばれるモデルで、パワーはMとしては低いが、それでもMの理念は十分に生きている。その上に位置するのがいわゆるMモデルと呼ばれるクラスだ。
 
 このセグメントになると一部例外を除いて、生粋のM専用エンジンを搭載することになる。さらにその上にはMをチューンナップした「Mコンペティション」がセグメントされる。そして、もっとホットなMが欲しいユーザーのために、究極の軽量化とパワーアップを実現したのが「M CS」だ。今回新たにその「Mコンペティション」にM2とM5が加わることになった。まずM2コンペティションから見てみよう。

M3やM4に搭載されている3.0ℓの直6ツインターボエンジンを搭載。パワーはM3の431psに対し410psに抑えられているが、従来型に比べると実に40psもパワーアップしている。トルクは従来比95Nmアップの550Nmだ。

 従来のM2は生粋のMエンジンであるS型ではなく、M235iクーペと同じN型3.0ℓ直列6気筒ターボを搭載していた。このあたりの事情はライバルのポルシェ・ケイマンのプライシングを意識したものであろう。N型はピストンなどの一部パーツにM3/M4のモノを流用していたがターボシステムは異なり、ツインスクロールのシングルターボを採用。それでも出力は370ps、465Nmを絞り出すので、これで十分だという声もあった。
 
 しかしM2コンペティションはM3/M4と同じS型エンジンを搭載するのだ。ツインターボで武装し、出力はM3/M4の431psよりやや低い410ps、550Nmだが、1.6tそこそこのボディには強烈。0→100km/h加速はM2に比べて0.1秒速い4.2秒で駆け抜ける(DCT)。コンパクトなFRスポーツに550Nmの大トルクを与えるにあたって、M2コンペティションは電子制御のアクティブLSDを装備。十分なトラクション性能とパワードリフトしやすい操縦性を実現したという。

インパネまわりに大きな変更はないが、メーターパネルは新たなものとなった。トランスミッションは6速MTと7速DCTを用意する。

 その実力をスペインのアスカリ・サーキットで試した。サーキット試乗は若手レーシングドライバーが2台の試乗車両をコンボイで先導するというスタイルだ。マシンに乗り込んで、ふとセンターコンソールを見ると6速MTではないか。なんだか非常に嬉しくなってきた。まずはコースを一周してから、ステアリングの赤いM2というスイッチを押す。これでトラクションコントロールもカットされるアドレナリンモードに切り替わった。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る