MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/30
  • OPTION編集部

走り続けて40年、オプション創刊500号!!

アンダーグラウンドな狂走から社会に認められるクルマ文化に!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1981年6月号、オプション独立創刊
現在発売されている2018年9月号で、めでたくも創刊500号(別冊号含む)を迎えたオプション。クルマいじり=違法改造だった時代に創刊された、アンダーグラウンドな世界を伝える雑誌がまさか40年も続くとは…創刊時の関係者は思ってもいなかっただろう。

意外にもそのルーツはオートスポーツ誌だった!?

独立創刊前のオートスポーツOpt.

意外な事実かもしれないが、オプションの直系のルーツはモータースポーツ誌のオートスポーツ。創刊前の1980年に、三栄書房が新企画(新雑誌)立ち上げのトライアルとして、オートスポーツの増刊号を手がけたのがきっかけだ。

 元々となるオートスポーツに対しての追加アイテム(新車を買うときのオプションパーツ)という意味合いからオプション。こうして、オートスポーツ・オプション(AUTO SPORTS Opt.)が増刊号として誕生した。

 創刊初期は、F1やWRC,アメリカンモータースポーツまで取り上げていたがその方向性に本体、オートスポーツを超える手応えがなかったが、3号目に特集した『“ハコ”こそわが命・大流行のチューニング極致特集号』に大きな反響があった。

 生粋のレーシングカーではなく、市販車をベースにしたハコ車(改造車)によるレース、マイカーにも転用できる(できそうな)魅力に溢れていたのだ。

 これをきっかけに、当時盛り上がりの機運を見せたいたストリートの改造車(チューニング)をターゲットにした雑誌として舵を切り、1981年に現在の『オプション』のタイトルで独立創刊。走り屋のためのカーマガジンとしてのスタートした。

走り屋=暴走族、世間はそう見たが決してそれだけではなかった

 当時、自動車の改造は法的、世間的にはほぼ許されなかった時代。レースを模したチューニングも、現在のように一般的ではなくあくまでアンダーグラウンドなもの。

 一般的には暴走族も走り屋も同類に見られていたが、決してそれだけではなかった。

 たとえば、今では伝説ともなっている『東名レース』。スピードに取り憑かれたクルマ好きが愛車に改造を施し、毎週末、深夜の東名高速で競走を繰り広げていた。また、全国各地の埠頭や工業地帯ではドラッグレースになぞらえたゼロヨンなども。

 そういった、ちょっと怪しい雰囲気の中、スリルを追い求めるクルマ好きたちの生態に迫ったのがチューニング雑誌オプション。その走り屋たちの追い求めるロマンに迫り、チューニングの手法を解説しながら、カーライフを広げることを追求した。

 また、一方ではテストコースに車両を持ち込み、正規のテストとして最高速などチューニングカーの運動性能を計測。さらに、東京オートサロン(初期のイベント名は東京エキサイティングカーショー)などのイベントを提唱し、チューニング=カスタム、カスタム=文化という図式を世に広めてもいった。

 こうして歩み続けて行くなかで、日本のチューニングは高い技術を要した文化として世界中に知られる要になり、国内でも大人の趣味として認知されるようになっていった。

 独立創刊から37年間、自動車の環境は常に変わり続け、今大きな転換期を迎えている。しかし、それでもチューン&カスタムの文化は衰えはしない。

 クルマを通して人生を満喫する、そのための情報を送り続けるのがオプションの使命として、次の500号に向かいたい。

創刊500号記念ツーリング

 現在発売中の2018年9月号が、創刊500号(増刊号も含む)。表紙や告知に使われているのは、創刊時の『東名レース』をオマージュして、撮影会の前に行なわれた『新東名ツーリング』の1コマ。

 創刊500号ということで、新旧世代のチューニングカーを集め富士スピードウェイのパドックで大撮影会を開催。そこには、創刊時期からのレジェンドや、日本のチューニングを世界に知らしめた立て役者、さらに次世代を担う若手チューナーたちも集まった。

 オプション創刊500号 記念号、ぜひ一読してもらいたい。


オプション 500号! 2018年9月号
■500号記念 特別企画 新東名 チューニングカージャック
東名(高速)レースに集まる走り屋たちに原点を持つオプションの500号を記念し、当時の東名ラーサーから、新鋭のチューナーまでを新東名に集めました。新東名に25台、各カテゴリーのチューニングカーが一同に介する写真に説明はいらない程の内容です。といいつつ、レジェンドなチューナー、若手チューナーも入り交じり、世界に誇る日本のチューニング像をカテゴリー分けして紹介するとともに、チューニングの今昔を伝えます。
■3台メーカー、新世代社長×Dai チューニング史 40年を越え、3大チューニングメーカーの社長もそれぞれ代替わり。また、自動車の世界もEVへのシフトなど変革のタイミング。そのあたりを踏まえて、創刊者稲田大二郎と各社社長が対談。HKS/トラスト/ブリッツ
■スイスポチューン中間報告
注目度も高く、各車が開発に力を注ぐ スイスポ (スイフトスポーツ)をテストコースに招聘し、加速・コーナリング、最高速など全開性能テスト。
■東西 RX−7 ピックアップ!!
7/7恒例のRX−7ミーティングから注目の車両を集めてピックアップ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る