Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニーシエラ

Gクラスがジムニーシエラの「130%拡大コピー」か スズキ・ジムニーシエラは、メルセデス・ベンツGクラスの「77%縮小コピー」か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、全長に注目してみよう。ジムニーシエラの全長はG63の77%(76.9%)である。言い換えれば、G63はジムニーシエラの130%(129.9%)だ。
 これを各数値に当てはめて
ジムニーシエラをそのまま拡大すると
4615×2138×2249mm ホイールベース2925mm
となる。実際はそうなっていないから、プロポーション的にはジムニーはG63よりやや細身で背が低いということになる。

全長に占めるホイールベースの割合は
ジムニーシエラ:63.4%
G63:62.6%
 となる。
 ジムニーシエラの方が、ホイールベース/全長比が大きく、タイヤがよりクルマの四隅に寄っていると言える。

走破性の指標である各アングルも見てみよう。

ジムニーシエラ
アプローチアングル:36度
ランプブレークオーバーアングル:28度
デパーチャーアングル:50度

AMG G63
アプローチアングル:31度
ランプブレークオーバーアングル:26度
デパーチャーアングル:30度

 これはジムニーシエラの圧勝(?)。もちろん、エンジン、トランスミッション、サスペンション……すべての総合力が最後に「走破できるか」どうかを決めるわけだが、ジムニーシエラの各アングルが大きいのは短いオーバーハングによるものだろう。

ジムニーシエラ
フロントオーバーハング:650mm
リヤオーバーハング:650mm

AMG G63
フロントオーバーハング:884mm
リヤオーバーハング:839mm


 これも130%ルールに当てはめてみよう。
ジムニーのフロントオーバーハングを130%拡大すると845mm
リヤオーバーハングを130%拡大すると845mm
 になる。これをG63と比較すると大きくはずれてない。ということは、プロポーション的にはオーバーハングはほぼ同じということになる。ジムニーシエラのラゲッジスペースは大きくないが、G63のラゲッジがそれなりに大きいのは、単にサイズが大きいからと言えるかもしれない。

スズキ新型ジムニー/ジムニーシエラ。ラゲッジルームは、軽ジムニーとシエラで違う? 使える?

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ