MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/21
  • ニューモデル速報

ホンダN-VAN、約1ヶ月で1万4000台を越える受注を記録! グレード構成比は? 人気ボディカラーは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダは8月21日、新型軽バン「N-VAN」の8月20日現在の累計受注台数を発表。それによると、月販3000台の目標販売台数に対し、1万4000台を超える好調な立ち上がりとなりました。

ダブルビッグ大開口と、低く、広大な荷室がN-VAN大ヒットの理由のひとつ。

 これまでのアクティ/バモスに代わるホンダの新しい軽バンとして登場したN-VAN。N-BOXをベースとしたFFボディながら、助手席側センターピラーレスとテールゲートのダブルビッグ大開口と、後席はもちろん助手席まで折り畳むことで生まれる大空間の荷室により、プロユースはもとよりホビーユースでも注目を集める存在です。さらに、軽バンとして始めてHonda SENSINGを標準装備としたこともトピックでした。いずれにせよ、発売後約1ヶ月で販売計画の4倍以上という大量受注を受けたことは、ユーザーニーズにマッチした存在であることの証明でもあります。

グレード構成は「G/L」と「+STYLE FUN」がほぼ拮抗。ボディカラーの人気TOP3は?

 ちなみにグレード別構成比では、プロユース向けの「G/L」が41%。ホビーユース向けの「+STYLE FUN」、「+STYLE COOL」がそれぞれ44%、15%となっています。

 タイプ別の構成比では
G・Honda SENSING 19%
L・Honda SENSING 22%
+STYLE FUN・Honda SENSING 22%
+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING 22%
+STYLE COOL・Honda SENSING 9%
+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING 6%

となっており「+STYLE」系はターボ/NAの割合はほぼ半々といったところです。

 また、「+STYLE」系のボディカラー人気トップ3は(「G/L」は2色のみの設定)

・プレミアムホワイト・パールⅡ 22%
・ガーデングリーン・メタリック 20%
・シャイニンググレー・メタリック 20%

という結果となっています。

「G/L」はあわせて44%という構成比。
ハイルーフ&丸目LEDヘッドライトを備えた「+STYLE FUN」はN-VANの中で最も多くを占める44%。

ロールーフを備える「カスタム」的存在の「+STYLE COOL」はN-VAN全体の15%となった。

「+STYLE」系人気ボディカラーベスト3のプレミアムホワイト・パールⅡ。
アースカラー的イメージのガーデングリーン・メタリックも、「+STYLE」系人気ボディカラーベスト3に入った。

クールなイメージのシャイニンググレー・メタリックが「+STYLE」系人気ボディカラーベスト3入り。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る