MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランボルギーニ|LAMBORGHINI
  4. アヴェンタドール

770psを発生するV12、驚異の空力、エアロベクタリング、軽量化などなど、トータルで仕上げた走行性能 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは5000万円だけど宇宙船より安い? これは摩訶不思議な乗り物だ![3/4]

  • 2018/09/24
  • GENROQ編集部 吉岡 卓朗
このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議なコーナリングは空力の賜物だ

 とはいえコーナリングの感覚は非常に不思議だ。低中速で多少のアンダーステアがあるとはいえ、ミドシップの軽快感に4WDの安定感が同居している。もちろん低重心はプッシュロッド式ダブルウイッシュボーンを採用するアヴェンタドールにとって当然の印象かもしれないが、それにしてもインストラクターの走らせるSVJを目の当たりにして、不思議なのはほとんどロールしないことだ。いや実際にはわずかにロールしているのだが、路面に張り付いて走っているような印象を受ける。そこで思い出したのは、同じくランボルギーニのウラカン・ペルフォルマンテである。あのクルマも恐ろしくフラットライドであった。そして同じくALAを装備していた。

通常走行時ALAはオフでフロントとリアのフラップは閉じてダウンフォースを高める。
リヤウイング中央付け根に位置するALAシステムの内部構造。オンになるとフラップが開き空気が流入し、空気抵抗が減少する。

 SVJで進化したALA2.0は通常時、つまりオフだとフロントスプリッター前端とリアウイング付け根中央のフラップが閉じて、最高のダウンフォースが得られる。フラップの位置や動作については写真の技術解説をごらんいただきたいが、このシステム自体はウラカン・ペルフォルマンテでも採用されたALAと仕組みは同じだ。2.0になってウラカンでは左右に分かれていたエアインテークが中央にまとまることで、ラムエア効率が上がったというのだ。
 
 ALAがオンになると、フロントのフラップが開き、アンダーボディに風が流れる。リアウイング付け根中央のフラップはチャンネルが左右ふたつにわかれており、ウイング後端の縁に数cm間隔で開けられた穴から排出される。これがストリング効果を生み、ダウンフォースを減じるという。フラップの開閉は0.5秒で行われる。

ALAオンでフロントのフラップが開き、ボディ下面に空気が流れる。
低ドラッグが必要になるとALAがオンになり、フロントフラップが開く。

 非常にシンプルな仕組みだが、これによってダウンフォースを高めたり、あるいは最高速を伸ばせたりする。しかも可変ウイングと違って、ボディ内の空気の流れを変えるだけだから、重心点が変わることがなく、ボディを制御しやすいという。結果として前後ともにアヴェンタドールSVと較べて40%ダウンフォースを増し、かつ1%ドラッグを低減したと謳う。

 また空力デバイスはエンジンのクーリングも可能にしており、最高出力の向上にも貢献している。この成果にはデザインチームも大いに貢献したというのは想像に難くない。「フォーム・フォローズ・ファンクション」(形は機能に従う)ではなく「ファンクション・フォローズ・フォーム」である。それがランボルギーニなのだ。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ