MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/20
  • MotorFan編集部 小泉 建治

初代アウディTTは本当は二代目だった!? 君はNSU TTを知っているか?【Audi TT 生誕20周年特別企画その3】

知られざる元祖TTの真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
なにやら見慣れないエンブレムがついているが、果たしてこのクルマは?
衝撃の初代デビューから早くも20年が経ち、三代目を数えるまでになったアウディTT。世界中にファンを抱え、今やクルマ好きでその名を知らぬ者などいるはずもない。だが、あの初代TTが実は二代目だったと言ったら、みなさんは信じてくれるだろうか? 今回は、知られざる初代TTについて紐解くことにしよう。

TEXT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
手前が初代TTで、奥が現行の三代目TTというのが一般的な認識のはずだが……。

アウディの前身ブランドのひとつ、NSUが放ったスポーツクーペ

 バウハウス的デザインを身にまとい、1998年に鮮烈なデビューを果たした初代アウディTT。その後20年を経てTTはアウディを代表するスポーツカーとしての地位を確立し、現在は三代目がラインナップされて相変わらずの人気を博している。

 だがこのTT、実は初代がデビューするはるか昔に、本当の初代モデルがデビューしていたと聞いたら、みなさんかなり驚くのではないだろうか。

 現在のアウディの前身にあたるアウトウニオンが、ホルヒ、アウディ、ヴァンダラー、DKWという4つのメーカーの合併によって形成されたことはご存知の方も多いかと思う。そして1969年、そのアウトウニオンはさらにNSUを吸収し、「アウディNSUアウトウニオンAG」を名乗るようになる。

 そのNSUが1965年に「TT」という名のスポーツクーペをデビューさせていたのだ。

アウディの前身であるアウディNSUアウトウニオンAG。そのラインナップに「TT」の名があった!

ネーミングの由来はマン島TTレース

 さらに1967年には、エボリューションモデルである「TTS」もデビュー! 700kgの軽量ボディに直列4気筒OHCの1.0Lユニットを搭載し、最高出力70hp/6150rpm、最高速度163km/hのハイパフォーマンスを誇った。TTどころか、TTSも伝統のネーミングだったのである。

 もちろんこのクルマはアウディTTではなく、NSU TTである。しかしそもそも現在のアウディは、かつてのアウディ、ホルヒ、ヴァンダラー、DKW、そしてNSUのすべてを統合したものであるわけで、NSUの歴史はアウディの歴史と言っても間違いはない。しかもこの初代TTは1972年まで生産されており、その頃はすでにアウディNSUアウトウニオンAGとして、アウディとNSUは同じメーカーとなっていたわけだから、すなわちNSU TTはアウディTTの正統な先祖に当たるわけだ。

 ちなみにNSUは二輪メーカーでもあり、レースの世界でも数々の実績を残している。とくに1954年のマン島TTレースでは、「ライトウェイトTTクラス」において1位から4位を独占しており、後にTTレースでの活躍を記念した「NSU Quickly TT」というモデルを販売している。同じくアウトウニオンの形成メンバーであるDKWもかつては二輪メーカーで、1938年にはマン島TTレースを制している。こうした歴史が現在の「アウディTT」のネーミングの由来になったのだ。
 
 今年で生誕20周年を迎えたアウディTTだが、実はもっと長い歴史を背景に持っていたことは知っておいて損はないだろう。




「新型アウディTTでマン島TTのフルコースを走った!」はコチラ

「なぜアウディTTには二輪レースのネーミングが与えられたのか?」はコチラ

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る