MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/29
  • 浜先秀彰

純正システムを生かして高音質化! カロッツェリア デジタルプロセッサー 【CAR MONO図鑑】

マツダ車用と汎用の2種類をラインアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
純正AVシステムに追加することで高レベルな音響調整機能を追加できるユニット。市販ナビや市販オーディオへの交換ができない車種をターゲットとした新スタイルの製品だ。
REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

問い合わせ:パイオニア
電話:0120-944-111

カロッツェリア DEQ-1000A-MZ……2万8000円

■適合:マツダ車専用
■オーディオ入力:スピーカーライン/RCA
■パワーアンプ最大出力:50W×4
■取付寸法:170×40×95mm
■重量:0.59kg
■ボディカラー:レッド

カロッツェリア DEQ-1000A……2万8000円

■適合:汎用
■オーディオ入力:スピーカーライン/RCA
■パワーアンプ最大出力:50W×4
■取付寸法:170×40×95mm
■重量:0.59kg
■ボディカラー:ブラック

 純正AVシステムはそのままに「タイムアライメント」や「イコライザー」、「ハイパス/ローパスフィルター」などの音響調整機能を追加。さらに迫力の重低音を実現する「スーパー轟(とどろき)サウンド」、歓声や拍手を音源に追加できる「ライブシミュレーション」などのエフェクトも楽しむことができる。

 しかもこれらのセッティングはUSB接続したスマホ(iPhone/Android向けアプリ「Sound Tune」をインストール)で画面を見ながら手軽に行える。ふだんの操作には付属の小型ワイヤレスリモコンを使用し、ソース切り替えやボリューム操作が可能だ。

 ラインナップはマツダ車用の「DEQ-1000A-MZ」と汎用の「DEQ-1000A」の2種類で、DEQ-1000A-MZについては車種ごとの専用セッティングデータを用いた最適な音響空間を手軽に作り上げることができ、ワンタッチで取り付けができる専用ケーブルを同梱している。

 本体サイズは170×40×95mmとコンパクトで、コンソール内やグローブボックスにも設置が可能。ボディカラーはDEQ-1000A-MZは最新のマツダ車をイメージしたレッド、DEQ-1000Aはブラックとなる。

赤外線リモコンとリモコン受光部を同梱しているため、本体を見えない場所に設置しても各種の操作が行える。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る