MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/23
  • MotorFan編集部

総額15億円の衝撃! GLIONがアートハーバー大阪で日本最大級のクラッシックカーオークションを開催!【Part1】

『CLASSIC CAR AUCTION at GLION MUSEUM』一般公開も11月29日(木)まで実施中。

このエントリーをはてなブックマークに追加
輸入車・国産車合わせて13ブランドの正規ディーラー事業を基盤に、アフターパーツ分野や中古車卸売分野、モーターサイクル分野、ウェディング分野、飲食分野などなど多角的な事業展開を行なうGLION(ジーライオン・本社兵庫県)が、2018年11月30日(金)17:00から“ART HARBOR OSAKA”でヴィンテージクラッシックカーのオークションを開催する。

輸入車・国産車合わせて13ブランドの正規ディーラー事業を基盤に、アフターパーツ分野や中古車卸売分野、モーターサイクル分野、ウェディング分野、飲食分野などなど多角的な事業展開を行なうGLION(ジーライオン・本社兵庫県)。
これまで、自動車事業の一環としてヴィンテージカーの収集を行うとともに、大阪・港区にある歴史的遺産とも言える赤レンガ倉庫を活かした空間にGLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)をプロデュースし、一般公開を行ってきた。

そんなGLIONの次なる企画として発足したのは、GLION MUSEUMを舞台に様々な価値ある作品を取り揃え、日本発の新たなアートの発信地となる“ART HARBOR OSAKA”。その最初のイベントとして開催されるのが、「CALSSIC CAR AUCTION at GLION MUSEUM」だ。

オークションが開催されるのは2018年11月30日(金)17:00からとなっているが、これに先立ち、11月23日(金・祝)から29日(木)まで、出品されるヴィンテージカーを中心とした珠玉のクルマが一般公開されている。オークションに出展されるのは49台、総額15億円といわれるこのオークション出展車両の数々を見学できる。

GLIONは、ヴィンテージカーのオークションはもちろん、美術作品やワインなどといった分野でのオークションも視野に入れているとのこと。インバウンドとして来日する外国人の人気が高い関西地区。特に富裕外国人層の迎賓館としても、この“ART HARBOR OSAKA”が機能しそうな予感だ。

<下見会&アートフェア 概要>
■日時:2018年11月23日(金・祝)~11月29日(木)12:00~20:00
■場所:GLION MUSEUM 大阪市港区海岸通2‐6‐39(赤レンガ倉庫内)
■入場料:下見会&アートフェア ¥2,000
*小学生以下は無料。ただし必ず保護者の同伴が必要。
*チケットは当日、会場受付にて購入。
■主催:ART HARBOR OSAKA実行委員会公式ホームページ https://www.artharborosaka.com

一般公開されている出展車両を一挙ご紹介!

VANDEN PLAS Princess 40
CADILLAC 6I
ROLLS-ROYCE Phantom V
Alvis TD 21
JAGUAR XK 120
BMW 326 cab

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る