MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ のコクピットドリル】使い方徹底チェック 運転席まわり〈SUZUKI JIMNY〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
直線でまとめられたソリッドなデザインが硬派なクルマであることを主張。水平基調は悪路走行時にクルマの傾きを把握しやすいという利点がある。時代の要求に応じてナビは見やすく操作性に優れた最上部にスペースがつくられ、アウトドアギアのように武骨な雰囲気の空調操作パネルやその下のスイッチは操作しやすい形状である。

2018年の話題をかっさらった感のあるスズキ・ジムニー。依然として膨大なバックオーダーを抱えており、納車を心待ちにしている人も少なくないだろう。というわけで、あらためて運転席まわりの操作系と使い勝手をおさらいし、来たる納車に備えておこう。

シエラ JC 4速AT

操作性を重視した大きなスイッチとレバー

文字盤を四角い箱で囲んで組み合わせた、飛行機のコックピットのようなメーターパネル。シンプルで見やすい。中央は上部が警告灯、下部が液晶表示だ。
ついにジムニーにもプッシュ式スターターが採用された。場所はインパネ右端だ。その上には安全機能系のスイッチが並ぶ。
パワーウインドウのスイッチはドアではなくセンタークラスター下部へ。寒冷地などで手袋をして操作することも配慮した形状だ。

ステアリングスイッチは最上級グレードの「JC」と「XC」だけの採用。右は速度固定式のクルーズコントロール、左はオーディオの基本操作とメーター内ディスプレイの切り替え。

ノブの右にはオーバードライブのオン/オフスイッチがあるから、「2」や「L」レンジと併せてマニュアル操作可能。
先代の中期以降はプッシュボタン式だった4WD切り替えはレバー式に復帰。これも原点回帰である。操作感はかなりソリッド。
前席に対して前輪が離れている恩恵で、小さな車体なのにアクセルの左寄りはほとんどないのが美点。
上位グレードはオートライトも標準装備。ライトのつけ忘れを防ぎ、トンネルの多い場所でも便利だ。
4WD選択時は、ディスプレイ上部に4WDの表示が点灯。「4L」へはギヤをNにして切り替える。

MTの操作系は?

ストロークの長いシフトレバーが床から直接伸びている。AT車と比べるとブレーキペダルが小さくなってクラッチペダルが追加され、フットレストはない。

マルチインフォメーションディスプレイを詳しく見る

マルチインフォメーションディスプレイ

走行時間:表示をリセットしてからの走行時間が表示される。表示の最大値は99 時間59分59秒。
平均車速:リセットしてからの平均車速。外気温が氷点下に近づくと凍結警報が優先的に表示される。
航続可能距離:平均燃費から算出した、現在の燃料残量で走行できるおよその距離。あくまで目安だ。
平均燃費:リセットは「給油連動」「トリップリセット連動」「任意でのみリセット」から選べる。
瞬間燃費:走行中の瞬間燃費をグラフで表示。画面は消したり、車両セッティングのモードもある。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ