MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/09
  • MotorFan編集部

マツダが年内に量産を開始する新型SUVとは? 次期CX-3か? SKYACTIV-X搭載?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダは、新たなSUVの量産を今年から国内で始める。これは、マツダの丸本社長が新聞各紙の取材で明らかにしたものだ。さて、この「SUV」とはなんだろうか?

 マツダが年内に量産をスタートするというSUVは、いったいどのモデルだろうか?
当然、Mazda3(マツダ3)から始まる新世代商品群の第二弾として登場するはずだ。
 となれば、SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)+SKYACTIV-Xエンジンを採用するSUVになるだろう。デザインもより深化した魂動デザインになるはずだ。

 さて、マツダのSUVといえば、次のモデルがある。

CX-3:発売は、2015年2月 ワールドプレミアは2014年11月だった。
CX-4(中国)は2016年6月発売
CX-5初代の発売は2012年2月
  2代目は2017年2月発売
CX-8は2017年12月発売
CX-9(北米)は、2016年11月発売

現行マツダCX-3

 となっている。となれば、新世代商品群の第二弾としてデビューするSUVは、CX-3になる!はずだ。CX-3は、デミオ・ベースに開発されたコンパクト・クロスオーバーSUVで新しいマーケットを築いたモデルだ。コンパクトでスタイリッシュなデザインに、1.5ℓディーゼルエンジンを搭載するという際だった個性の持ち主としてデビューした。その後ガソリンエンジンがラインアップに加わり、ディーゼルエンジンも1.5ℓを1.8ℓに排気量アップした。
 
 最近の国産車のフルモデルチェンジのサイクルとして、5年はやや早いかもしれないが、マツダの最近の通例として11月のロサンゼルスモーターショー(11月22日〜12月1日)でワールドプレミアし、2020年初頭に北米・欧州、春に日本発売というスケジュールになるのでは、と予想しておく。
 
 現行CX-3のボディサイズは
全長×全幅×全高:4275×1765×1550mm ホイールベース:2570mm

 新型マツダ3ハッチバックのボディサイズは
全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm ホイールベース:2725mm

 である。
 現行のCX-5のボディサイズが
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm

新型Mazda3ハッチバック

だから、

北米で、現行CX-3のセールスは201年間で1万6899台と大きなボリュームではない。一方、トヨタC-HRは4万9642台とCX-3の3倍のセールスを記録している。
そのC-HRのボディサイズは
全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm ホイールベース:2640mm
である。

次期CX-3のサイズは、新型Mazda3と同じSKYACTIV-Vehicle Architectureを使いながら、ホイールベース、全長を少し切り詰めたものになるのではないだろうか?

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る