MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/05
  • レブスピード編集部 佐藤和徳

レーシングドライバーはトヨタ・新型スープラをどうチューニングする?既にオーダーした佐々木雅弘選手に聞きました

電子制御のサスペンションとリアデフから、今までのようにイジれないのか?また、スーパー耐久レースでの可能性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパー耐久レースや86/BRZレースのプロフェッショナルクラスで大活躍。いま、まさに売れっ子人気レーシングドライバーである佐々木雅弘選手は、新型A90スープラを発注したという。「真っ先に納車して!」とディーラーに注文したそう。チューニング好きの佐々木選手。納車後のイジる計画を聞いてみた。

なぜ新型スープラを買ったのか?

「実は、80スープラが登場した当時も、憧れて欲しいと思っていたけど、価格も高級なので買えなかった(笑)。でも、この年齢になって、仕事も充実してできるようになってきている。改めてスープラの新型が欲しいと思いました。さすがに、GT-Rのように一千万円しちゃえば買えないけど、新型スープラは、その内容からしてみたら、お手頃な価格といえるんじゃないかな。いまの86の車両価格からの上昇分からみても、いいところを突いていると思いますよ」

納車後は、どうイジっていくか?

「まずはブーストアップしてやり、本来の潜在能力を引き出してやる。足まわりについては、いきなり車高調整式サスキットにまるごと交換してしまうのではなく、純正の電子制御ショックアブソーバーを活かしていろいろ試していく。車両制御の電子制御のモードの切り替えを残したまま、純正形状のダウンスプリングで車高を落として、さらに、純正ショックアブソーバーに(Cリングなどで)車高調整機能を持たせたりしてね」

「電子制御のリアデフについても、プログラムをイジれるのであれば変更も試してみたい。いきなり機械式LSDに交換してしまうのではなく、デフもサスペンションも電子制御は連携しているはずなので。
 プログラムをイジれないならば、その特性を理解して、ベースを活かして足とトータルに仕上げていきたい。でも、電子制御は絶対にイジれるはずだと思うんだけどな〜(笑)。
 後は、シート、エアロ、ホイールはもちろんキメていきたい!」

スーパー耐久レースでのスープラの活躍について予想は?

「3ℓターボだと、現状のスーパー耐久だと該当クラスがないので、2ℓターボの4気筒のモデルが、ST-3クラスに出てくるかも!? 3.7ℓのフェアレディZなどがライバルのクラスですね。ただ、ミッションがATのみなので、耐久性は未知数。そのまま耐久レースを走れるものなのか? 特例でシーケンシャルミッションなどつけば、クルマのバランスはいいので、とても面白いことになるはず。高いポテンシャルをもっているでしょうから、レースでの活躍が楽しみですよね」

■スープラ関連の記事はコチラ

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る