MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/11
  • MotorFan編集部

レクサスLSの知られざる改良点に迫る

プレスリリースに言及のないLS500(FRモデル)も実は進化していた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年8月に密かに小改良を行ったレクサスLS。そのプレスリリースには先進運転支援システムの進化と、AWDモデル&ハイブリッドモデルのみの走行性向上が謳われているが、実はガソリンエンジン搭載のLS500(FR&AWD)の走りにも手が加えられていた。

 2017年10月19日に発売された五代目となるレクサスのフラッグシップセダン、LS。11年ぶりとなる満を持したフルモデルチェンジに見えたが、実は昨年2018年8月30日にひそかに改良が行われていたのは、あまり知られていない事実だ。日本車も年次改良を行うことはよくあるが、発売から1年も経過しないうちに、走りに関する部分を改良をするのは異例だろう。

 昨年8月30日に発表されたリリースには、
・AWDモデルのダンパーに伸圧独立オリフィスを採用。
・ハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニング&制振材の追加による静粛性向上。
・運転支援システム「レクサス・セーフティシステム+」を標準装備し、さらに機能を進化させた。
 と明記されている。

ガソリンエンジン搭載のLS500はFR&AWDモデルともにシフトチェンジ時の滑らかさが向上している。

 このリリースを見る限り、走りに関する部分の改良はAWDとハイブリッドシステムにしか言及がない。だが、実はV6ガソリンエンジン搭載モデルLS500のFR&AWDモデルも走りに関する改良が行われていたのだ。その気になる改良点とは、
・制振材追加による静粛性向上(カウル、ダッシュパネル、フロア、アッパーバック、ドアパネルに制振材を追加)。
・低速時のトルク制御を見直してシフトチェンジ時の滑らかさを向上。
 の2点となる。

 意外と知られていないレクサスLSの小改良だが、実は知られざる改良がLS500のFRモデルにも施されていたのである。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る