MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

Jeep Wrangler Snow Drive Impression from Editor's room 新型ジープ・ラングラーで北海道の雪道を激走してみる〈Jeep Wrangler 雪上試乗記〉

  • 2019/02/16
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

泣く子も黙る世界最強のオフローダー、新型ジープ・ラングラーで厳寒の北海道を存分に走らせる機会を得た。路面は完全なスノーコンディションな上、徒歩でも進退窮まるような急坂など、およそクルマで走ろうとは思えないような険しいセクションが多数用意されたクローズドコースでの試乗となった。市井の“SUV”たちが裸足で逃げ出す、本気のオフロード性能を体感する。

TEXT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

極限の環境下で見るラングラーの存在感は別格

 北海道の千歳空港近郊のオフロードコースにて、FCAが擁するオフローダーおよびSUVの雪上試乗会が行われた。用意された試乗車は、ジープの各モデル&アルファロメオ・ステルヴィオである。

 もちろん主役がジープ・ラングラーであることは言うまでもない。11年ぶりにフルモデルチェンジされ、昨年に日本にも上陸を果たした新型ラングラーの悪路における試乗レポートはすでにお伝えしているが、今回は雪上における走破性能を量ろうというわけである。

 試乗の舞台となった千歳周辺の気温は、氷点下1〜8度ほどで、こうした極限の環境の中で見るラングラーの存在感は別格だ。どれか一台を選べと言われれば、迷うことなくラングラーで決まりだ。申し訳ないがステルヴィオには行かないだろう。ところがどっこい、フラットな圧雪路ではステルビオが最高にすばらしかった……のだが、その話は別記事に詳しいのでここでは割愛する。

 試乗コースは4種類が用意され、ひとつはラングラー専用の難関コースで、這いつくばっても無理じゃないかと思えるほどのアップダウンが含まれる。残りの3種類の特徴を簡単に言うと、低速コース、中速コース、高速コースといったところで、どれも起伏はほとんどない。

 まずはラングラーのアンリミテッドに乗り込む。バスッと閉まるドア、高いアイポイントや角度の立ったフロントウインドウのおかげで掴みやすい車両感覚、視界は広いのにどことなく漂う囲まれ感など、この安心感はラングラーならではのもの。どんなに過酷な状況でも「この中にいればとりあえず生き延びられそうだ」という気がする。

シフトレバーの左側にあるのはトランスファーの切り替えレバー。2H、4Hオート、4H、2Hを手動で切り替えられる。

 せっかくなので専用の難関コースに挑む。この日は筆者にとって今シーズン最初のスノードライブであり、いつも以上に慎重に走り出したのだが、雪を踏みしめてのっしのっしと歩を進めてくれたのは、試乗車が履いていたスタッドレスタイヤ「グッドイヤー・アイスナビSUV」のおかげもあるだろう。

 緩く長い坂を登り切り、スキーの上級コースのような急坂を下りる。とくにヒルディセントコントロールも使わず、トランスファーは4Hオートのままで、アクセルもブレーキも踏まない状態ながら至極安定した状態で降りていく。4輪すべてでしっかりエンジンブレーキをタイヤに伝え、それが雪を確実に掴んでいる感覚がステアリングやシートを通してドライバーに伝わってくる。

 不快なNVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)や不安を煽るような雑味は濾過しつつも、必要なインフォメーションはいたずらに封じ込めない。だから「なにがどうなっているかよくわからないけれど、とにかく大丈夫だ」ではなく、「状況がわかるから安心」なのである。これが現代のハイエンドSUVとは大きく一線を画す部分だ。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ