MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/22
  • レブスピード編集部

スバル・レヴォーグの1.6ℓも速くなる!カーステーションマルシェの「レヴォーグ(1.6ℓ/2.0ℓ)&WRX S4用のボルトオンタービンキット」

このエントリーをはてなブックマークに追加
左がレヴォーグ/WRX S4の2.0ℓ用、右がレヴォーグの1.6ℓ用ボルトオンタービン
1.6ℓ水平対向4気筒のダウンサイジング過給エンジンを積むスバル・レヴォーグ。発売当初、『速さはもういらない』と、考えたユーザーも、長年乗っているとやはり刺激が欲しくなってくる。そこで、注目してほしいのが、カーステーションマルシェの「レヴォーグ(1.6ℓ/2.0ℓ)&WRX S4用のボルトオンタービンキット」である。

 東京オートサロンにて、カーステーションマルシェは「レヴォーグ(1.6ℓ/2.0ℓ)&WRX S4用のボルトオンタービンキット」を展示していた。もともと、レガシィBPのチューニングで一世を風靡したショップだけに、どのあたりを狙ったタービンなのか気になるところだ。カーステーションマルシェの石田さんに聞いてみた。

「2014年に登場したレヴォーグは、今年2回目の車検を迎えるクルマが多いことでしょう。
 
 発売当初、『速さはもういらない』と、1.6ℓのダウンサイジングターボを選んだユーザーも多かったのですが、長年乗っているとやはり刺激が欲しくなってくるようです。車検を契機にイジられる方も多いですよね。

 とはいえ、1.6ℓも2.0ℓも、もともとのタービンが小さいので、どうしても高回転でブーストがタレてしまい、上が伸びない。これを改善して、もっと上で気持ちよく走れるようにしたのがこのタービンです。

 ノーマルからは、排気量をアップしたような効果があり、フィーリングが向上しているので、タービンを換えたほうがむしろ自然なフィーリングですよ」

 ボルトオンタービンは1.6ℓと2.0ℓ用をそれぞれ設定し、レヴォーグとWRX S4に対応する。「本当はWRX STIが欲しかったけど、MTはNGという家庭の事情でS4を選んだ方も、このタービンでさらに楽しめるようになりますね」

 気になるこのボルトオンタービンは近日発売とのこと。2.0ℓ用の予定価格は29万8000円(税別)だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る