MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/02
  • MotorFan編集部

次期CX-3? マツダの新型SUVを予想してみる──ジュネーブショーのティーザー写真から見えること

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダが世界初公開するという新型SUVの登場前、これまでのデータからその姿を想像してみた。

「CX-何番」で登場するかを予想する

 マツダがジュネーブモーターショーで新型SUVを世界初公開する。リリースによれば「新世代商品第二弾」という言い方をしている。ということは、マツダ3のSUV版というのが順当な見方だろう。

 基準車(という言い方も不思議だが)とSUVシリーズの登場日時について整理してみよう。

 060108 CX-7発表@デトロイト
 110802 CX-5発表@フランクフルト
 120829 アテンザ発表@モスクワ
 130627 アクセラ発表@北米
 140717 デミオ発表@日本
 141119 CX-3発表@ロサンゼルス
 151119 CX-9発表@ロサンゼルス
 160614 CX-4発表@北京
 161116 CX-5-2発表@ロサンゼルス
 170725 CX-8発表@日本

 こうして見返してみると、(CX-7はさておいて)基準車となるアテンザ/アクセラ/デミオは一年ごとにデビューし、その後にSUVシリーズが続々と登場してきたことがわかる。なお、CX-5はそれらに先立ち、一足先にスカイアクティブテクノロジー搭載第一弾として現れたのは皆さんもよくご存じのとおりだ。

 この時系列で考えると、CXシリーズで一番古かったCX-5はすでに第二世代へ、次に古いCX-3のモデルチェンジというのが予想できる。CX-5(1)からCX-5(2)には5年の歳月があり、それをあてはめてもちょうどCX-3(2)として時期が重なりそうだ。

 それとは別に考えられる線が、まったく新しいSUVの登場というシナリオである。現在欠番の「6」と「7」のデビューである。
 CX-7は上記のタイムラインにも記したとおり、かつて存在したクーペライクなSUVであった。相当早い時期に直噴ターボエンジンを搭載した意欲作だったが、スカイアクティブテクノロジー展開前に生産を終え、以降それらしき噂は一切流れてこない。CX-6というクルマはかつて存在したことのないSUVで、もし登場するとするなら 番号どおりにCX-5の上位機種ということになろう。しかしその役目を担うクルマとしては「CX-8」と「CX-9」がすでにあり、3機種目としてあえてデビューさせるという線は考えづらい。

マツダCXシリーズのラインアップから。縦軸に最高出力、横軸に車重を振っている。

マツダがどんなモデル名を登録しているか、調べてみよう

 上掲のグラフからもわかるとおりCXシリーズの分布はきれいに右上方向の帯を描いている。マツダの基幹車種がアクセラ/CX-5あたりだと考えれば、やはり登場するのはCセグメントの新型SUVということになりそうだ。

Mazda3ベースの新型SUVのボディサイズを検討してみる

 マツダ3がベースとしたら、果たして新型SUVはどのような寸法に落ち着くだろうか。ここで、デミオ/CX-3、アクセラ/CX-4のサイズを比較してみよう。

左がデミオ、右がCX-3。

 【デミオ/CX-3】
 全長差:215mm
 全幅差:70mm
 全高差:25mm
 軸距差:0mm
 輪距差:30/40mm

左がアクセラ、右がCX-4。残念ながらCX-4のリヤビュー画像がないため、フロントで比較。

 【アクセラ/CX-4】
 全長差:163mm
 全幅差:45mm
 全高差:65mm
 軸距差:0mm
 輪距差:29/27mm

 全長差は参考程度にとどめてもらって、ここで注目したいのは全幅と全高の寸法の違い。基準車からSUVに仕立てるに当たって、同じレンジのクルマならそう極端に数字は大きくできない。実際、CX-3/CX-4ともに拡大幅は10cm弱に収まっている。

 そこで、アクセラ/CX-4の寸法差をそのままマツダ3に当ててみると、以下のような数字が現れる。

 【マツダ3/新型SUV】
 全長:4459/4622mm
 全幅:1798/1843mm
 全高:1440/1505mm
 軸距:2726/2726mm
 輪距:(前)1567/1596mm (後)1579/1606mm

 まことに乱暴な手法ではあるが、数字を見るとなんとなく姿が浮かんでくる。ただし、マツダは全幅1840mmというのがどうやら上限値らしく、それはアテンザ/CX-5/CX-8の数値を見てもすべて1840mmで揃えていることからもうかがえる。おそらく、新型SUVも全幅は最大1840mm以内に抑えてくるだろう。 
* たとえばCX-9の1969mmなど、1840mm超の全幅値を持つ車両もあり。当初、記載違えがありました。失礼しました。

左が新型SUV、右がマツダ3。

 果たしてどのようなサイズとスペックで登場するか。日本には導入されるのか。ショーの開催を楽しみに待ちたい。

ティーザー写真を無理やり、本当に無理やり明るくしてみると、見えなかったテールパイプやエンブレムなどが見えてきた。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る