MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/05
  • MotorFan編集部

200ps+110ps+200ps! プジョーのAWDハイブリッドスポーツ「508プジョー・スポール・エンジニアード・コンセプト」登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月5日(火)に開幕したジュネーブ・モーターショー2019において、プジョーは全面的に電動化を押し出してきた。その象徴とも言えるのが、ハイブリッドスポーツのコンセプトカー「508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD CONCEPT」だ。高性能な内燃機関と電気モーターを組み合わせ、4輪を駆動する新世代のモンスターセダンである。

PHOTO●石川亮平(ISHIKAWA Ryouhei)

市販予定アリ? 驚異のハイパフォーマンスサルーン

 プジョーのスポーツ部門を担う「プジョー・スポール」が手掛けたとんでもないハイブリッド・モンスターがジュネーブに姿を現した。

 その名を「508プジョー・スポール・エンジニアード・コンセプト」といい、内燃機関+電気モーター+AWDによる新世代のハイパフォーマンスサルーンである。

 パワーユニットは3つあり、200psのPureTechガソリンエンジンと110psの電気モーターで前輪を、そして200psの電気モーターで後輪を駆動する。そのパフォーマンスは「驚くほどの加速性能」としかアナウンスされていないが、確かにかれなら驚くほどの加速性能を発揮しそうである。

 エクステリアもなかなか興味深く、ただでさえシャープな508のフロントバンパーはさらに研ぎ澄まされた造形になり、フローティング・ブレードを備えたグリルは精悍さを増している。リヤクォーターパネルには小さなフィンが付き、リヤバンパー下部にはディフューザーが装着された。エアロダイナミクスを徹底的に追求しているのは明らかだ。

 うれしいのは、プジョー自ら「508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD CONCEPTは、今後、市販が予定されているスポーツPHEVを示唆しているもの」と公言していることだ。この「示唆」が何を意味するのか? この508の市販化を推し進めるのか、それとも別のスポーツモデルのイメージを投影させたものなのかは定かではないが、いずれにせよハイブリッドを用いた新世代のハイパフォーマンスモデルの登場が着実に近づいてきているのは間違いない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る