MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/06
  • GENROQ編集部

なんと14億円! のワンオフ・ブガッティ!【ジュネーブ・ショー2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界で最も高価なクルマがジュネーブ・ショーに登場した。たった1台だけ造られたこのクルマ、なんと価格は約13億9000万円だという。ベースはシロンで、同社の歴史的モデル、タイプ 57 SC アトランティック・クーペへのオマージュが込められている。

 またまたブガッティがとんでもない(?)クルマを発表した。ジュネーブ・モーターショーで発表されたワンオフモデル、「La Voiture Noire」は価格がなんと1100万ユーロ。日本円にして約13億9000万円というのだから、驚くばかりだ。

 「La Voiture Noire」(黒いクルマ)という名前の通り、全身ブラックのボディは全てカーボン製。ベースとなっているのはシロンで、エンジンは1103kW(1500ps)を発揮する8LのW16気筒クワッドターボだ。

 このクルマは創業者のエットーレ・ブガッティの息子であるジャン・ブガッティが開発したタイプ 57 SC アトランティック・クーペへのオマージュとして作られたもの。このクルマはたった4台しか作られず、ブガッティの中でも特に価値のある歴史的名車として語り継がれている。そしてジャン・ブガッティは自分のタイプ 57 SC アトランティック・クーペをLa Voiture Noireと呼んでいたという。

 ちなみにこのクルマは第二次対戦前に行方不明となってしまい、これは自動車史の謎のひとつとされている。

 世界で最も高価なクルマという記録も作ってしまった「La Voiture Noire」は、もう購入者が決まっているという。価格にも驚きだが、これを買ってしまう人がいるということも驚きだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る