MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/06
  • MotorFan編集部

美しさの秘密は、デザインだけではない! メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークを世界初公開!!【ジュネーブ・モーターショー2019】

流麗なデザインとスポーティな走りを高次元で融合

このエントリーをはてなブックマークに追加
 メルセデス・ベンツの新世代デザインを身にまとって登場したCLAシューティングブレーク。その流麗なボディラインは、このクラスにおいて、圧倒的な存在感を放っている。美しさと絶妙なバランスを実現した、もうひとつの理由とはナニか?

「CLA250」は、225ps・350Nmの2.0L直4ターボを搭載

 ジュネーブショー2019で世界初公開されたCLAシューティングブレークは、CLSやAクラスで始まったメルセデス・ベンツの新世代デザイン“センシュアルピュリティ2.0”を盛り込んだ意欲作だ。

 フロントエンドが前方に傾斜したデザインは「シャークノーズ」という異名を持ち、とてもダイナミックな印象となっている。ボディには無駄なラインが一切ないのも、大きな特長である。

 全身にわたって流れるようなフォルムを持つ美しいデザインに魅了されるが、この圧倒的な存在感を実現した秘密は、もうひとつある。それは、ボディサイズの拡大だ。

 先代モデルに対し新型は、全長が48mm長く、全幅が53mm広く、全高を2mm低くした。つまり、「ワイド&ロー」に加え、「伸びやかさ」というエッセンスをプラスしたのだ。

 こうしたボディサイズの拡大は、アウトドアなどの趣味を楽しむ層には積載スペースの拡大というメリットをもたらしているほか、乗員の快適性向上にも大きく寄与している。


 インテリアは先行するAクラスの流れを汲む最新デバイスが投入され、2枚の高精細液晶パネルを組み合わせたコクピットをはじめ、タービンをイメージした空調の吹き出し口が特徴的である。

 また、「ハイ! メルセデス」と呼びかけてクルマと対話するMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー・エクスペリエンス)を備えている。


 上級モデルの「CLA 250シューティングブレーク」は、225ps・350Nmの2.0 直4ターボに7速DCTを組み合わせる。また、「コンフォート」や「スポーツ」など走行シーンによって好みの走りを選べるアダプティブ・ダンピング・システムを装備する。

 メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークは、「5ドア・クーペ」というジャンルで確固たるポジションを築くべく、欧州では9月に発売される。日本に導入されれば、大注目の一台になるのは間違いないだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る