MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/06
  • GENROQ編集部

ランボルギーニ史上最強のオープン!アヴェンタドールSVJロードスター誕生!【ジュネーブ・ショー2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
アヴェンタドールの最新モデル、SVJのロードスターが仲間入りすることになった。あえて手動のルーフにこだわり、重量増はクーペに対してわずか50kgで収まっている。

 770ps、720Nmという6.5LのV12NAエンジンをミッドに搭載するランボルギーニのフラッグシップ、アヴェンタドールSVJ。あの伝説の「J(イオタ)」の名を冠するこのスーパースポーツに、オープンボディが加わった。

 オープン化の手法はアヴェンタドールSロードスターと基本的に同じだ。ルーフから後ろの部分はデザインが変更されており、エンジン上部はフラットな形状となる。そして電動で開閉する小さなリヤウインドウが新たに設けられるのもトピック。走行中にここを開ければ、クローズド状態でもV12サウンドをより楽しむことができる。

 ルーフは左右2分割式で、電動ではなく手動式のためクルマを降りて作業しなければいけないが、操作は簡単。しかもルーフはカーボン製のため非常に軽い。外したルーフはフロントボンネット内にきれいに収まるようになっている。しかしこの状態ではフロントに他の荷物を積む余裕はほぼなくなる。

 オープン化によって重量は50kg増えるが、それでも1575kgに収まっており、パワーウエイトレシオはわずか2.05kg/ps。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.8秒、最高速度は350km/をマークするという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る