MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > メルセデス・ベンツ > Vクラス > 燃費性能が13%も向上した秘密は? 新型メルセデス・ベンツVクラスに搭載された新世代ディーゼルの凄い実力【ジュネーブ・モーターショー2019】
  • 2019/03/06
  • MotorFan編集部

燃費性能が13%も向上した秘密は? 新型メルセデス・ベンツVクラスに搭載された新世代ディーゼルの凄い実力【ジュネーブ・モーターショー2019】

最新ディーゼル・エンジン「OM654」を搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
 メルセデス・ベンツの新型Vクラスは、すでに欧州各国での発売がスタートしているが、なんといっても注目は燃費性能を向上させた新世代ディーゼル・エンジンの投入である。

ジュネーブショーの会場で最もホットな“新車”

 ワイド&ローを強調したフロントバンパーを持つ迫力のフロントフェイスへと生まれ変わった新型Vクラスは、ミニバンとは思えないほどスポーティな印象を持っている。

 最大のニュースは、なんといっても最新のパワーユニットと9速ATの組み合わせによって、先代モデル比で燃費性能を一気に13%向上させた点だろう。

 新型Vクラスが搭載するディーゼル・エンジンは「OM654」と呼ばれる最新ユニットで、グレードによって163ps/380Nm、190ps/440Nm、239ps/500Nmという3つのスペックを持っている。このOM654エンジンは、アルミ製ハウジングとスチール製ピストンを組み合わせ、高効率でクリーン、そして騒音と振動を抑えている。“NANOSLIDE”というシリンダーウォールコーティングが施され、徹底的に効率アップが図られた。

 この新世代ディーゼル・エンジンの特徴は、エンジン本体に各種デバイスを一体化させたところにある。排気ガスの再循環システムや触媒コンバーター、各種フィルターの性能向上など数多くのテクノロジーを結集している。冒頭に記した「燃費性能13%向上」は、中間グレードの「V 250 d」によって達成されたものだという。

 すでに欧州各国での発売がスタートしており、ある意味ではジュネーブショーの会場で最もホットな“新車”と言えそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る