MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/20
  • MotorFan編集部

ヒットの予感大! 新型プジョー508はサルーンの概念を変える!?

ステーションワゴンやPHEVも導入予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界中で販売好調なプジョーがフラッグシップサルーンである新型508を発表した。ため息が出るほどに美しい内外装デザインやパワーと燃費に優れるパワートレイン、充実した先進安全装備を持つプジョーの超自信作である。

 "サルーンの概念のすべてを変える”という刺激的なキャッチコピーを謳う新型プジョー508が本日発表となった。随分と野心的なキャッチコピーだが、実車を目にした今となると、本当にプジョーは輸入車サルーンの概念を変える気でいるのかもしれないと思えてくる。それほどまでに、508は大いなる魅力を持ったモデルだ。
 
 最近のプジョーは好調そのものだ。2015年から直近3年間の販売台数は73%増。2008や3008、5008のSUV、そしてクリーンディーゼルがプジョーの躍進に大いなる貢献を果たしているのだ。日本においても販売は好調で、新規の顧客が以前よりも増えているという。

 SUVで利益を上げつつ、日本のマーケットにおいて輸入車が以前から強みを持つDセグメントサルーンカテゴリーでのプジョーのシェアを一気に向上させる役割を担っているのが新型508なのだ。
 
 新型508は伝統的な4ドアセダンではなく、まるでクーペのようなスポーティなファッストバックスタイルを採用する。406、407、508とプジョーのフラッグシップサルーンには必ずトランクリッドを備えた4ドアセダンだったことを考えると、これは大きな決断だったと思える。
 
 

208から採用されるPeugeot i-Cockpitを採用。

 エクステリアデザインに呼応するかのようにインテリアデザインも挑戦的である。208から採用されるPeugeot i-Cockpitはコンパクトなステアリング、中央の8インチタッチスクリーン、12.3インチデジタルヘッドアップディスプレイから構成される。特にタッチスクリーン下に配置されるピアノのキーのような7つのトグルスイッチが独創的で美しい。

赤外線カメラが前方200mを監視するナイトビジョンは画期的な安全装備だ。

 輸入車Dセグメントではもはや当たり前に採用されるADASも充実している。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)やレーンポジショニングアシストが標準装備されるほか、赤外線カメラが前方200mを監視するナイトビジョンが上級グレードにオプション装備される。

グループPSA執行委員/プジョーブランドCEOのジャン=フィリップ・アンパラト氏

 気になるラインナップは1.6L直列4気筒ターボ(180ps/250Nm)を搭載する508Allure(417万円)と508GTライン(459万円)、2.0L直列4気筒ディーゼルターボ(177ps/400nm)を積む508GT(492万円)の3グレードとなる。

 発表会で登壇したグループPSA執行委員/プジョーブランドCEOのジャン=フィリップ・アンパラト氏は「プジョーは自動車の未来について前向きに考えています。なぜならばプジョーは208年の歴史を持ち、さまざまな技術を開発してきました。今後、電動化を推進していきますが、プジョーはEVやPHEVモデルの成功を確信しています」と語った。また、ジュネーブショーで発表した400psの高性能PHV「508プジョー・スポーツ・エンジニアード」を来年発売することも明言した。

 508は今年夏にステーションワゴンの「SW」が追加され、近い将来PHEVも導入される予定だ。

 
 

ジュネーブでお披露目された400psの高性能PHV「508プジョー・スポーツ・エンジニアード」も来年発売されるという!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る