MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/14
  • MotorFan編集部

スバルの北米販売は好調。それを支えているのは、この2台。フォレスター&アセント

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・アセント
北米スバルの2月の販売実績が発表になっている。2月の販売台数は18年2月の3.9%アップで49081台だった。

 ところが、フォレスター以外のモデルは軒並み前年比でマイナス。1-2月実績で
インプレッサ:マイナス19.2%の8474台
WRX/STI:マイナス10.2%で3738台
レガシィ:マイナス23.0%で5086台
アウトバック:マイナス14.8%で2万3269台
BRZ:マイナス0.8%で501台
クロストレック(日本名XV):マイナス17.8%で1万6493台
 となっている。

 にもかかわらず、トータルで3.9%アップ、2月としては過去最高(best February ever)となっているのは、

アセントがあるからだ。

アセント:1万1141台(前年同期は未発売)

発売が待たれる新型レガシィ

 フォレスターとアセントが好成績を引っ張る北米のスバル。今年は、これに新型レガシィが加わることで、好成績を維持できるだろうか?


新型スバル・レガシィ登場! 〈七代目SUBARU LEGACY〉

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る