MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 三菱 > デリカD:5 > 初代から五代目D:5まで───三菱デリカ50年の歩みを振り返る
  • 2019/03/31
  • ニューモデル速報

初代から五代目D:5まで───三菱デリカ50年の歩みを振り返る

唯一無二の足跡

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在も国内で販売されている三菱の車名としては、最も長い歴史を誇るのがデリカだ。その50年に及ぶ歩みの中で、デリカは常にアウトドアを楽しむ多人数乗車のクルマであり続けた。ここでは、そんな五世代にわたるデリカの進化の跡を振り返ってみる。

1st 最初のデリカは小型トラックだった(1968〜)

1968年6月17日、三菱重工(当時)は、1台のキャブオーバータイプトラックを発表。このクルマに与えられた名前が、デリカだった。当初は600㎏積トラックだけだったが、翌69年3月にデリカバンとともに、今のデリカD:5につながる9人乗りのデリカコーチも新発売。クラス最大の9人という乗車定員と、乗用車に相応しい快適な乗り心地と居住性で人気を集めた。エンジンは58㎰の1.1ℓで、最高速度は115㎞/h。価格は58万円〜63万円。
デリカ75(1.4ℓエンジンで積載量を750㎏にアップした)は74年にマイナーチェンジ。グリルと一体化した丸目4灯フェイスに。
積載量1t未満の小型トラックの中で、キャブオーバーボディを生かして他車より+100㎏上回る積載量600㎏が自慢だったデリカ。クラス初の3人乗りキャビンを採用し、快適性も優秀だった。
こちらはメーカーが架装したキャンピングカーとして話題を集めたデリカキャンピングバン。ポップアップルーフにベッド、シンクまで備えていた。

2nd スターワゴンの名前で再デビュー(1979〜)

1979年6月25日、デリカのフルモデルチェンジに合わせて、9人乗りワゴンが「デリカスターワゴン」と名前を改めて登場。ボディサイズの拡大により居住性が高められたほか、クラス初の5速MTを搭載。2列目&3列目はフルリクライニング式で完全フラットになるなど、ワゴンとしての使い勝手も劇的に向上した。登場時は86㎰の1.6ℓエンジンを搭載。後に1.8ℓ、2.0ℓ、2.3ℓディーゼルも加わる。価格は99万7000円〜112万2000円。
ルーフカーペットやリヤワイパー、 熱線プリントリヤガラス、間欠ワイパーなどを装備し、乗用車としての快適性を高めた。

82年10月には4WDモデルを追加。パジェロのシステムを流用したため、大径タイヤで車高も高くなり、まるでカスタマイズしたかのよう。

3rd モノコックボディでより乗用車感覚に(1986〜)

1986年6月19日、7年ぶりのフルモデルチェンジで三代目に進化。ボディはモノコックに変わり、軽量化と剛性アップが図られる。スペース効率を追求したソフトキューブスタイルと相まって、広く快適な室内スペースを確保。4WD車にはホワイトで統一したガードバーやステップの他、1BOX4WD初の15インチワイドタイヤの装着で精悍なイメージを高めた。エンジンは2.0ℓガソリンと2.5ℓディーゼルターボ。価格は117万9000円〜251万2000円。
クラス最大、530㎜のロングスライドに加え、独立して回転した上に斜め30度の位置で固定できるパーソナル回転シートを採用。
後席ルーフ左右をガラス窓にしたクリスタルライトルーフと大型高級照明により、新しい視界の確保と豪華な光の世界を実現した。
90年8月のビッグマイナーチェンジではエクステリアの改良の他、クラス初となるプロジェクターランプを採用。 2.4ℓガソリンエンジンも追加された。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る