MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > ヴィッツ > 北米向けトヨタ・ヤリスハッチバック2020年モデルを世界初披露【ニューヨーク国際自動車ショー】
  • 2019/04/18
  • MotorFan編集部

北米向けトヨタ・ヤリスハッチバック2020年モデルを世界初披露【ニューヨーク国際自動車ショー】

セダンに続いてトヨタオリジナルのヴィッツからマツダ・デミオのOEMモデルに変更。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタUSAは4月17日のニューヨークショープレスデイにて、ヤリス(日本名ヴィッツ)ハッチバックの2020年モデルを発表した。

 この新型ヤリスは、いよいよ今年フルモデルチェンジが予想されている新型ヴィッツではなく、マツダ2(日本名デミオ)のOEMモデルとなる。北米市場でも日本でヴィッツとして販売されているモデルを数年前までトヨタは販売していたのだが、マツダとの業務提携以降、まずヤリスセダンがマツダ2セダンのOEMとなり、今回ハッチバックもマツダ2ベースとなったわけだ。

 エクステリアはマツダ2とは差別化されており、「ボールドでスポーティなルック」と銘打たれている。パワートレーンは1.5ℓ直4で、6速ATが組み合わされるのもマツダ2と同様。

 インテリアは日本でも見慣れたデミオのものと基本的には共通。Apple CarPlayやAndroid Autoを利用可能な7インチタッチスクリーンが装備されており、ふたつのUSBポートも標準装備だ。


2019年モデルとして販売されていたヤリスハッチバック。
ヴィッツがベースであることがわかるだろう。

こちらが先に販売されているヤリスセダン。
マツダが海外向けに販売しているデミオセダンがベース。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る