Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヴィッツ

セダンに続いてトヨタオリジナルのヴィッツからマツダ・デミオのOEMモデルに変更。 北米向けトヨタ・ヤリスハッチバック2020年モデルを世界初披露【ニューヨーク国際自動車ショー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタUSAは4月17日のニューヨークショープレスデイにて、ヤリス(日本名ヴィッツ)ハッチバックの2020年モデルを発表した。

 この新型ヤリスは、いよいよ今年フルモデルチェンジが予想されている新型ヴィッツではなく、マツダ2(日本名デミオ)のOEMモデルとなる。北米市場でも日本でヴィッツとして販売されているモデルを数年前までトヨタは販売していたのだが、マツダとの業務提携以降、まずヤリスセダンがマツダ2セダンのOEMとなり、今回ハッチバックもマツダ2ベースとなったわけだ。

 エクステリアはマツダ2とは差別化されており、「ボールドでスポーティなルック」と銘打たれている。パワートレーンは1.5ℓ直4で、6速ATが組み合わされるのもマツダ2と同様。

 インテリアは日本でも見慣れたデミオのものと基本的には共通。Apple CarPlayやAndroid Autoを利用可能な7インチタッチスクリーンが装備されており、ふたつのUSBポートも標準装備だ。


2019年モデルとして販売されていたヤリスハッチバック。
ヴィッツがベースであることがわかるだろう。
こちらが先に販売されているヤリスセダン。
マツダが海外向けに販売しているデミオセダンがベース。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ