MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. インプレッサXV

〈スバルXV〉ハッチバックベースとは思えない悪路走破性が自慢【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:Advance

月間登録台数:2540台(18年9月~19年2月平均値)
現行型発表:17年3月
JC08モード燃費:19.2km/ℓ ※「Advance」

レポート●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)
フォト●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
モデル●住吉史衣(SUMIYOSHI Fumie)

ルーフレール非装着車の全高は1550㎜と多くの立体駐車場に対応するサイズ。ルーフレール装着時にはガソリン車で+45㎜、ハイブリッド車は+25㎜となる。17インチタイヤを基本に、ガソリン車の上級グレードとハイブリッド車は18インチを履く。

■主要諸元 Advance
全長×全幅×全高(㎜):4465×1800×1575
室内長×室内幅×室内高(㎜):2085×1520×1200
ホイールベース(㎜):2670
トレッド(㎜) 前/後:1555/1565
最低地上高(㎜):200
車両重量(㎏):1560
エンジン種類:水平対向4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1995
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):107[145]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):188[19.2]/4000
モーター最高出力(kW[㎰]):10[13.6]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]):65[6.6]
燃料タンク容量(ℓ):48(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ:225/55R18
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):19. 2
車両本体価格:282万9600円

先進安全装備

ステレオカメラにより前方を検知する先進安全システム「アイサイト」を標準装備。区画線を認識して約60㎞/h以上で車線を維持する操舵アシストと、渋滞対応ACCにより高速クルージングでの疲労が大幅に軽減される。

ボディカラー

居住性

後席:シート高690㎜
前席:助手席シート高630㎜

最低地上高200㎜を確保するXV だが、乗降性は乗用車感覚に近い見事なパッケージだ。撮影車の「Advance」はレザーシートを標準装備。ブルー内装車はネイビー/ライトグレーだが、オレンジステッチ入りブラック内装も選択できる。

インパネ

e-BOXERと名付けられたハイブリッドが持つ先進感を、マットブルーの金属調加飾がアピール。アルミパッド付きスポーツペダルは「2.0i-S EyeSight」と「Advance」に標準装備。8インチのDIATONEサウンドナビはディーラーオプションだ。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き810㎜
後席格納時:奥行き1690㎜ 幅1090㎜ 高さ710㎜

「Advance」はラゲッジ下にバッテリーなどを積むため、わずかに荷室高が低くなるが、通常時のラゲッジ容量は340ℓを確保(ガソリン車は385ℓ)。タイヤハウス後方の荷室幅が広い部分は1340㎜となり、ゴルフバッグ3個を積載することができる。6対4分割タイプの後席はそれぞれワンアクションで格納でき、フラットなラゲッジフロアを生み出す。

うれしい装備

ラゲッジ床下のサブトランクを標準装備。ハイブリッド車はパンク修理キットを装備するのでかなり狭いが、折り畳み傘などは入れておける。
ACCを使って高速巡行している時に、e-BOXERのモーター出力を最大限に活用して燃費運転するのがECOクルーズ機能だ。
エンジンや駆動系を統合制御して悪路走破性を高める「X-MODE」を「1.6i EyeSight」以外に標準装備。AVHは停車時にブレーキを保持する。

バイヤーズガイド

2.0i-S EyeSight

「Advance」は19.2㎞/ℓのカタログ燃費を見ても、燃費狙いというより上級モデルの立ち位置。それでいて、本格4WD車で300万円を切る価格は魅力。ミニマルに済ませるなら、「1.6i EyeSight 」の213万8400円はさらに魅力的!

3種類のパワーソースを用意するが、いずれも駆動系はCVTと4WD。ハイブリッドを含む2.0ℓ車には「SI-DRIVE」と呼ばれるパワートレーンのモード切り替え機構を備える。上級グレードにはLEDヘッドライトを標準装備しているのが特徴のひとつ。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.116 2019-2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新42車種徹底ガイド!
新型 RAV4見参!
本格四駆の出来栄えを速攻試乗でチェック!!
RAV4イチオシ「Adventure」グレードに初のトルクベクタリングAWDを採用!!

直噴ターボ追加で快進撃止まらず
ヴェゼルに「Touring」が新登場

ラテンならではの色香が薫るステルヴィオ&DS7
レクサスのプレミアムSUV、UX発進!

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ