MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ポルシェ > マカン > ハイパワーと大トルクのSUV対決! ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス × BMW・X3 M40d
  • 2019/05/01
  • GENROQ編集部

ハイパワーと大トルクのSUV対決! ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス × BMW・X3 M40d

ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス × BMW・X3 M40d

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス × BMW・X3 M40d
高性能ミドルサイズSUVの雄、マカンターボに新たなライバルが登場した。最新の直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、326㎰/680Nmもの強大なアウトプットを発生するBMW X3 M40dだ。ハイパワーミドルサイズSUV2台の熾烈な戦いに注目だ。

REPORT◉渡辺敏史(Toshifumi Watanabe) PHOTO◉市 健治(Kenji Ichi)

ガソリンとディーゼルそれぞれの特徴を持ったスポーツユニット

ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス × BMW・X3 M40d

 BMWのモデルラインナップにおいて、MパフォーマンスはMとMスポーツの間を埋める位置づけになっている。コスメティックや足まわりだけでなく動力性能も含めてトータルで性能向上をみているそれは、アウディになぞらえればS系のカテゴリーということになるだろう。日本では既にM240iやM760Li、SUVでもX2 M35iといったモデルがラインナップされている。
 
 そして直近で追加されたMパフォーマンスモデルがX3 M40dだ。X3は言わずもがな、最も売れ筋にあたるだろうDセグメントSUVだ。当然看板たる6気筒モデルもあって然るべきだが、そのラインナップは4気筒エンジンで構成されていた。そこに加えられたのが40d。待望の6気筒は驚くことにディーゼルでの投入となったわけだ。

 M40dに搭載されるB57D30B型ユニットは、現行ラインナップにおいては740d系と同型になるが、パワースペックは若干異なっている。この3.0ℓストレート6の開発にはM社も関与しているとされ、その出力は326㎰、最大トルクは680Nm。パワーはガソリン版3.0ℓストレート6のB58系とほぼ同等、そしてトルクはN63系4.4ℓ V8のそれをも上回るという。この数値をみればM40dがMパフォーマンスを名乗るのに文句はつけようがない。

326㎰/680Nmものアウトプットを誇る3.0ℓ直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載するX3。トランスミッションは8速ATだ。

 この強烈なパワー&トルクを路面に伝えるxドライブは、FR的な駆動配分セットアップをベースに差動を電子制御でコントロールするMスポーツディファレンシャルを備えるなど、曲がりを存分に意識して躾けられている。ちなみに21インチの40扁平タイヤも前後は異幅だ。併せて足まわりはサスペンションセットアップだけでなく、ブレーキも対向ピストン式が充てがわれるなど、強化ポイントに抜かりはない。

 Dセグメント系ディーゼルでは当然最強クラスのパフォーマンスを示すことは容易に想像できるこのX3M40dに好敵手を用意するとなれば、同じくdセグメント系ガソリンでのトップパフォーマーたるマカン・ターボパフォーマンスだろう。3.6ℓ V6はベースとなるターボに対して40㎰増の440㎰、トルクは50Nm増の600Nmとなる。M40dに対してはトルクで劣るもパワーで勝る。両エンジンのわかりやすい特性差が現れている。

ポルシェ・マカンターボ パフォーマンス
飾り気のないポルシェらしいコクピットデザインを採用。視認性に優れる3連メーターが非常にスポーティだ。

 まずはそのマカンを受け取り、一般道から高速道路を経由して郊外へと向かう。足まわりはターボパフォーマンスの専用設定となり、その振る舞いにもはやSUVの腰高感は皆無であることは一般道の取り回しからして伝わってくる。オプションの21インチタイヤはX3よりさらにひと回り太いが、低中速域でもその脚さばきに大きな不満はない。凹凸や目地段差でもインパクトは感じるも刺とげとげ々しいショックはスッと綺麗に抜いていく。PDKのリンケージ感もすこぶる滑らかなのは、試乗車が2万㎞を超えていよいよ各部にアタリがついてきたからだろうか。

 回せば6800rpmのレッドゾーンまで力感を途切らすこともなくシュンと回るエンジンの気持ちよさに改めて溜飲が下がる。大きなマスをあらんばかりの力で押し出すSUVの速さに魔性を感じる向きも多いかもしれないが、このクルマも十分その期待に応えるだろう。が、それだけでなく曲る止まるの操作においても寸分の遊びもなくピタッと反応するところがポルシェたる所以といえるだろう。ともあれ欠点を見出すことの方が難しい。マイナーチェンジ前のモデルをしてそれである。
 

レザーとアルカンターラを組み合わせたシートはホールド性が良い。
マカンターボより40㎰/50Nm出力を高めたターボパフォーマンスの3.6ℓツインターボエンジン。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る