MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/08
  • MotorFan編集部

GWで思い知った? 300万円以下で買えるACC付きのクルマで、お盆の渋滞に備えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
最長で10連休となった今年のゴールデンウィーク。クルマで移動した人は渋滞に頭を悩ませたはず。そんな渋滞のウンザリを緩和させる機能『アダプティブクルーズコントロール(ACC)』をご存じだろうか? 次の長期休暇となるお盆に向けて備えてみてはいかがだろう。

 今年のゴールデンウィークは、元号が「平成」から「令和」に変わるにあたって最長で10連休と長かった。連休前にはゴールデンウィーク中の渋滞情報が、ワイドショーでしきりに放送されており、専門家曰く「渋滞は分散する」とのことだった。

 しかし、2019年5月2日。これはワタシがクルマを運転している中でも“最悪の1日”だった。早朝から昼過ぎに渡って、高速道路の路線図は東京~伊勢原JCTの下りは真っ赤に染まっていた。夕方には御殿場付近で事故があり、厚木の近辺でも渋滞が発生し、行きと帰りで合計6時間以上も渋滞だった。

 6時間もの渋滞のなか、集中力を維持するのは相当に体力と気力を消耗する。幸い、自分が事故を起こすことはなかったが、もし次に同じような渋滞にはまったとき、注意不足などのミスを犯さないとは限らない。

 そこで注目したのがオートクルーズコントロール(ACC)だ。これはカメラやレーダーで先行車や車線を認識し、車間距離や速度を保ちながら追従走行するという機能で、高速道路での安全性を高めるのに貢献する。現在では多くの車種に装備されているが、実は設定速度などに違いがあり、先行車の停止に合わせて自車も停止できるか否かが重要。そんな最新のACCを備えつつ、さらに価格が300万円を下回るクルマをピックアップしてみた。

■ついに軽自動車も全車速対応ACCを搭載

日産・デイズハイウェイスター(プロパイロット)

三菱eKワゴン/eKクロス(MI-PILOT)


■ミニバンならではの寛ぎはそのままに、安全性をプラス

日産セレナ(プロパイロット)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る