MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/10
  • ニューモデル速報

ホンダ・シャトルがマイナーチェンジで内外装を刷新!

静粛性の向上やホンダセンシングの機能追加も行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
バンパーとフォグライトの形状変更の他、クロームパーツの追加で上質さを増した。
 ホンダは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインで好評のコンパクトステーションワゴン シャトルの内外装デザインを刷新するとともに、さらに機能を充実させた新型シャトルを本日から発売する。

 シャトルは5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディや優れた燃費性能と、ホンダ独創のセンタータンクレイアウトにより実現した多彩なシートアレンジや広く快適な室内空間が特長。レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間が生まれる。

 今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新した。また、防音材の見直しによる静粛性の向上、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」にオートハイビームの追加など、さまざまな領域で商品の魅力をより一層高めた。

上質感を追求したシャープで流麗なエクステリア

リヤコンビネーションランプも一新してリフレッシュされたリヤビュー。

 低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後バンパーとフォグライトの形状を変更。さらに、テールゲートとリヤコンビネーションランプのデザインを一新し、リヤビューのシャープさを際立たせた。また、アウタードアハンドル、フロント・リヤバンパーまわりやサイドシルモールなど随所にクロームメッキパーツを配し、上質感を追求した。

特別感を演出する質感の高いインテリア

 インテリアの加飾には、上品な光沢感のあるピアノブラックを採用。シートデザインを刷新するとともに、新たに本革シートを設定し、仕立ての良さにこだわった質の高いインテリアとした。また、リヤセンターアームレストへのカップホルダーの追加により使い勝手も向上させている。

「HYBRID Z・Honda SENSING」にオプション設定される本革シート。
後席センターアームレストにカップホルダーが追加された。

Honda SENSINGにオートハイビームを追加

 従来の8機能に加え、オートハイビームを追加。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度の低減にもつながる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る