MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

レクサスRC Fがマイナーチェンジ! 限界域の走りを高めた高性能バージョンも登場

  • 2019/05/13
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

LEXUSはスポーツクーペ「RC F」をマイナーチェンジし、5月13日に発売した。

 今回のマイナーチェンジでは、持ち味とする優れたパフォーマンスの進化を目指し、軽量化や空力性能のほか、パワートレーン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点に改良を加え、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性を実現したという。

 具体的には、従来比で約20kgの軽量化をはじめ、トレッドパターン一本のコンパウンド材質にまでこだわって新開発したタイヤ、各部のブッシュ類の剛性を高めたことで操縦安定性が向上している。

 そのほかにも、出力が481psまで向上したエンジンはエアクリーナーの形状変更により吸気性能向上が図られ、スロットル制御の改良と合わせてアクセルレスポンスが高まっている。

 また、ディファレンシャルのローギヤ化によって、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性が高められ、街乗りにおいても軽快な走りを感じられるとのこと。なお、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールも採用されており、スポーツ走行において鋭いスタートダッシュが実現可能となった。

風を味方につける空力パーツで武装

 エクステリアでは、「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培った空力デバイスや形状を織り込んだスタイリングへ。フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れることでダウンフォースを高め、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制。前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けることで空気の圧力を減らし、コーナリングでの姿勢やステアリングの応答性を向上させたという。

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ