MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/23
  • MotorFan編集部 小泉 建治

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRがニュルブルクリンクの新記録「7分40秒100」を樹立!

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまで幾度となくニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ(北コース)のFF市販車最高記録を塗り替えてきたルノー・メガーヌR.S.。最近はホンダ・シビック・タイプRの7分43秒800が最速タイムとなっていたが、このほど名手ロラン・ウルゴンの手によって、従来の記録を3秒以上も縮める7分40秒100が達成された。
ステアリングを託されたのはもちろんこの人、ルノー・スポールのトップガンドライバー、ロラン・ウルゴン氏だ。

FF最速市販車の戦いは異次元の世界へ

 メガーヌR.S.とシビック・タイプRの戦いに、新たな1ページが加わった。

 全長は20Kmにもおよび、世界で最も過酷なサーキットと呼ばれるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェにて、メガーヌR.S.が7分40秒100というとてつもないタイムを叩き出したのだ。

 今回、タイムアタックに供されたのは「メガーヌR.S.トロフィーR」という数100台の限定車として市販予定のモデルで、アクラポヴィッチ、ブレンボ、ブリヂストン、オーリンズ、サベルトといった名門ブランドとのパートナーシップによって仕立て上げられたもの。もちろん公道走行可能な市販車であり、けっしてサーキット専用車ではない。

 アタックを担当したのは、ルノー・スポールの開発ドライバーのトップを務めるロラン・ウルゴン氏だ。ニュル最速男として世界中のエンスージアストたちに知られる存在だが、純然たるレーシングドライバーではなく、あくまで社内の開発ドライバーによるタイムアタックにこだわるあたりに、ルノー・スポールとしての良心を感じさせる。

 タイムの更新だけが目的ではなく、あくまで開発の一環というわけだ。

 ただ、シビック・タイプRとの比較には注釈が必要で、タイプRが当時の新記録を樹立した後、ノルトシュライフェは改修工事を受けている。だからまったく同一の条件というわけではない。

 そしてもうひとつ覚えておいた方がいいのは、今回のメガーヌR.S.のアタックには従来通りスタートラインをフィニッシュラインの先に置くという手法が採られ、計測全長は20.600kmとなっていた。

 今後、ノルトシュライフェではスタートラインとフィニッシュラインを同一のものとして、計測全長は20.832kmとされる。その場合のメガーヌR.S.の公式タイムは7分45秒389となり、今後、シビック・タイプRをはじめとしたライバルたちにとっては、このタイムがターゲットになるわけだ。

2019 - MEGANE R.S TROPHY-R: record at the Nürburgring(ルノー公式動画)

激走1200km! 新型ルノー・メガーヌR.S.で燃費計測【Renault Megane R.S.】

バンザイMT! ルノー・メガーヌR.S.カップでサーキットを激走する

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る