MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > MAZDA3ファストバック > マツダ3 スカイアクティブG2.0とMazda3 SKYACTIV-G2.0+M-Hybridの違いは?燃費は? 日本仕様と欧州仕様
  • 2019/06/01
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

マツダ3 スカイアクティブG2.0とMazda3 SKYACTIV-G2.0+M-Hybridの違いは?燃費は? 日本仕様と欧州仕様

Mazda 3 Skyactiv-G2.0 with or without M-Hybrid

このエントリーをはてなブックマークに追加
国内でも発売が開始された新型マツダ3。まずはSKYACTIV-G1.5/2.0/D1.8から販売され、注目のSKYACTIV-Xエンジン搭載グレードは、遅れての10月発売の予定だ(受注は7月から)。ここでは、ガソリンエンジンの中心グレードであるSKYACTIV-G2.0搭載モデルについて考察してみよう。

 新型マツダ3のエンジンは、既報通り
SKYACTIV-G1.5
SKYACTIV-G2.0
SKYACTIV-D1.8
SKYACTIV-X+M-Hybrid
の4種類設定する。エンジン別の販売比率ではG1.5が10%、G2.0が40%、D1.8は20%、さらにSKYACTIV-Xは30%と想定されている。予想では、国内の主力エンジンは2.0ℓのG2.0になる。

 このG2.0は、おそらくグローバルでも主力エンジンになるはずだ(欧州ではG1.5はトルコ市場向けのみ)。

 さて、このSKYACTIV-G2.0、日本仕様と欧州仕様ではスペックが違うのだ。スペックというか、構成そのものが別なのだ。

SKYACTIV-G2.0

マツダ3(日本仕様)
SKYACTIV-G2.0
圧縮比:13.0
使用燃料:レギュラー(RON89以上)
最高出力:156ps/6000rpm
最大トルク:199Nm/4000rpm

Mazda3(EU仕様)
SKYACTIV-G2.0
圧縮比:13.0
使用燃料:RON95
最高出力:122ps/6000rpm
最大トルク:213Nm/4000rpm

 最高出力で日本仕様がEU仕様より34psもパワフル、最大トルクは逆に14Nm低くなっている。

 なぜか? EU仕様のG2.0は、24V M-Hybridシステムと組み合わせることが前提になっているからだ。BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター、あるいはISG=インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)で減速エネルギーを回生し、24Vのリチウムイオン電池に蓄電。このBSGが回生だけでなく、駆動力アシストやアイドルストップからのエンジン再始動を行なう。
 いわゆるマイルドハイブリッドシステムで、欧州を中心に今後採用が拡大しそうなシステムだ。ただし、トヨタ・プリウスに代表されるストロング・ハイブリッドが世界で最も普及している日本市場では、燃費改善効果がそれほどでもない(ストロング・ハイブリッドと比べて)ため、あまり広がる気配がいまのところない。
 それでも、メルセデス・ベンツや新型のレンジローバー・イヴォークなどがこのBSGを使ったマイルドハイブリッドを採用している。


EクラスにBSG+48V電気システムを搭載した新型直4ターボを採用! ハイスペックモデル「E300アバンギャルド スポーツ」も新登場!!

フォルクスワーゲンの48Vシステムが登場。PHEVは果たしてどうなるか。

超スタイリッシュSUV、レンジローバー・イヴォークが新型へスイッチ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る