MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/11
  • MotorFan編集部

メルセデスSUVのニューカマー「メルセデス・ベンツGLB」が本国デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月11日、ダイムラーは新型SUVの「メルセデス・ベンツGLB」を発表。2019年末より、ドイツを皮切りに各マーケットに導入する見通しだ。

5人乗りに加えて7人乗り仕様も設定

 ボディサイズは全長4634×全幅1834×全高1658mmで、ホイールベースは2829mm。メルセデスのSUVラインナップのなかでは、GLAとGLCの間を埋めるコンパクトモデルに位置付けられる。

 GLBには高水準のスペースユーティリティが与えられている。キャビンは5人乗りに加えて7人乗り仕様を設定。2列目シートは40対20対40の分割可倒式が採用されたほか、140mmの前後スライド機構を搭載。5人乗り仕様の場合、後席仕様時で560L確保された荷室容量は、最大で1755Lに広げられる。7人乗り仕様の3列目シートは50対50の分割可倒式だ。

 エンジンはガソリン仕様が「GLB200」と「GLB250 4マチック」の2機種、ディーゼル仕様が「GLB200d」と「GLB200d 4マチック」、「GLB220d 4マチック」の3機種を設定。ガソリン車のエントリー版「GLB200」は7速だが、それ以外には8速のDCTを搭載する。各グレードの搭載エンジンおよびスペックは以下のとおりだ。
・「GLB200」:1.3Lガソリンターボ(163ps/250Nm)
・「GLB250 4マチック」:2.0Lガソリンターボ(224ps/350Nm)
・「GLB200d」:2.0Lディーゼルターボ(150ps/320Nm)
・「GLB200d 4マチック」:2.0Lディーゼルターボ(150ps/320Nm)
・「GLB220d 4マチック」:2.0Lディーゼルターボ(190ps/400Nm)


 外観はオフロードモデルとしてのイメージを強調したルックスが特徴。直立したフロントマスクはメルセデスのオフロードDNAが表現されており、特徴的なデザインのLEDヘッドライトと合わせてGLBのマスクに独特の表情を与えている。フェンダーの膨らみを強調させるなど、筋肉質な面が多用されたフォルムは、キャラクターラインが少ない。これは新世代メルセデスのデザイン哲学「センシュアル・ピュリティ」が反映された結果だ。

 大型ワイドモニターや特徴的なデザインのエアコンルーバーなど、インテリアは新型Aクラスなどと共通するディテールが見られる。アルミのデコレーションが随所に採用されて堅牢性が表現されているのはGLBの特色となっている。

そのほか、現行Sクラスと同等の運転支援機能や、MBUXに対応するインフォテイメント機能などは新型Aクラス/Bクラスなどと同様に採用されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る