Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. GLB

〈メルセデス・ベンツGLB海外試乗記〉新たなキャラクターでRAV4、CR-V、エクストレイルを狙い撃ち|コンパクトSUVインプレッション

このエントリーをはてなブックマークに追加

Gクラスを筆頭に、GLS、GLE、GLC、GLAと盤石の体制を敷くメルセデス・ベンツのSUVラインナップに、またひとつブランニューモデルが加わった。都会派イメージの強いGLAに対し、タフな道具というキャラクターを前面に押し出した「GLB」の登場である、スペインはアンダルシアで行われた国際試乗会からレポートをお送りする。

REPORT●渡辺敏史(WATANABE Toshifumi)

コンパクトだが3列シート仕様もラインナップ

 今やメルセデスブランドの販売の1/4〜1/3を占めるFF系ラインナップ。GLBクラスはそのラインナップに加わるまったく新しいモデルだ。

 全長4634mm×全幅1834mm×全高1659mm。そのスリーサイズを見るに、トヨタRAV4やホンダCR-V、日産エクストレイルあたりと同等の車格ということになる。だが、見た目的にはスクエアなシェイプもあってそれらより大きい印象だ。

 それらライバルよりも数値的に大きいのが2829mmのホイールベースで、GLBクラスはその長さを利してオプションで3列シートを配することもできる。同様の構成となるCR-Vやエクストレイルより100mm以上は長いこともあって足元のスペースはそれらに比べると余裕はあるも、メルセデスとしては社内の衝突実験等で安全を確認したとして、3列目に座る乗員の身長は168cm以下を推奨している。

 エンジンのラインナップはガソリン、ディーゼル共に4気筒ターボで、パワーの異なる6種類が用意される。ドライブトレインはFFと4マチックの2種類、トランスミッションはFFの廉価グレードを除き8速DCTが組み合わせられる。

 うち、日本導入が見込まれるグレードとして今回オンロードで試乗できたのは、GLB250 4マチックと、メルセデス-AMG銘柄となるGLB35 4マチック。ともに2.0Lとなり前者は224psと350Nmを、後者は306psと400Nmを発揮する。0-100km/h加速は前者が6.9秒、後者が5.2秒と、動力性能に不満を抱くことはないだろう。

 4マチックはほかのモデルと同様、100:0〜50:50の前後駆動をリニアに配分できる仕組みだが、GLBクラスのオリジナリティとして常に後輪側に駆動が掛かる設定の上、ドライブモードに応じてイニシャルの駆動配分も異なっている。

 例えばコンフォートモードが80:20であるのに対してスポーツモードでは70:30と、より後輪側に寄せることで旋回力を高めアンダーステアを弱めるように躾けられているわけだ。

 GLBクラスの内装は基本骨格をBクラスと共有しながら独自のトリムやオーナメントで骨太な道具感を高めている。4:2:4の分割可倒式2列目シートは前後のスライド量も大きく、3列目シートへのアクセスだけでなく荷室の前後長を伸ばす上でも有効に作用してくれる。

 運転席に座って感心するのはすっきりと開けた視界の良さだ。スクエアなデザインや立てられたAピラーも相まって、死角が少なくボンネット端も認識しやすい。ベルトラインも低く水平寄りに配されていることもあり、前方のみならず側面側の見切りがいいのも美点のひとつに掲げられるだろう。

 はじめに試乗したGLB250 4マチックはデビューエディションということもあって235/45R20とCセグメント級には身に余るほどの大径タイヤを履いていたが、電子制御可変ダンパーの効能もあってか乗り心地はとても洗練されていた。大きな凹凸や目地段差などを踏んでいっても低級なショックはもとより、バネ下の無駄な震えも感じられない辺りは、モノコックの剛性や足周り関係の組み付け精度がいかにカッチリしているかを物語るようでもある。

 ちなみにこの乗り心地の印象は、255/35R21とさらに強烈なタイヤを履いたGLB53 4マチックでもガラリと変わることはない。

(次ページへ)

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ