MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランドローバー|LAND ROVER
  4. レンジローバーイヴォーク

ランドローバー・レンジローバー イヴォーク試乗記 大ヒットしたレンジローバー・イヴォークの2代目に乗って、その魅力がなにか考えた

  • 2019/08/18
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク

ランドローバー最小モデル、イヴォークがフルモデルチェンジした。ぱっと見変化の少ない外観とは裏腹に一新されたプラットフォームで、その進化はどれほどか? MHVモデルを雨のツーリングで試した。

REPORT◉大谷達也(OTANI Tatsuya)
PHOTO◉渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)

※本記事は『GENROQ』2019年8月号の記事を再編集・再構成したものです。

 ひと目見ただけでイヴォークとわかるのに、なんだか背が伸びて大人びた佇まいを得たように思う。これまでのイヴォークはSUVとしては異例に背の低いクーペスタイルが特徴的だったが、新型はどちらかといえばレンジローバー・スポーツに近い“縦長”プロポーションに見えたからだ。ところが、新型の全高は従来型よりむしろ10㎜ほど低くなっている。しかも全長は新型のほうが約15㎜長いので、縦横比の関係で背が高くなったように見えたわけではなさそう。実はこれ、デザイン上のマジックで、従来型はサイドシル部分をブラックアウトしてボディが薄く見えるように演出した仕様が多かったが、試乗車はここもボディ同色だったおかげで、ボディの量感が増したように見えるだけなのだ。

 新型が“大人びて”見えるのはエクステリアばかりではない。ヴェラールに続いて新型イヴォークにもデンマーク・クヴァドラ社の品のいいファブリックをインテリアの素材として設定。黒のスウェードとグレーのファブリックという2種類の生地で包み込まれた試乗車のシートは、都会的で洗練された雰囲気を醸し出していた。これも新型が大人びて見えた一因だろう。微低速時のマナーも実に大人びたもので、段差を乗り越えたときにその衝撃をしっとりと包み込むような落ち着きある乗り心地を示したのである。デビューから9年が経ち、イヴォークもこの間に青年からオトナへと成長したようだ。

 新型イヴォークはプラットフォームに最新のPTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)を採用。これは電動化パワープラントに対応したもので、試乗車のRダイナミック HSE P300 MHEVの場合は2.0ℓインジニウム・ガソリンエンジンと48Vのベルト駆動スタータージェネレーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載している。この種のパワーユニットはおしなべてそうだが、パーシャルスロットルから軽く踏み込んだときのレスポンスが鋭く、追い越し加速では2.0ℓとは思えないほどのトルクを生み出してくれる。しかも、アイドリングストップからの再始動時にもセルスターターを用いないためエンジンが身震いせず、スムーズかつスマートに発進できるというメリットが存在する。これ以外にも新型イヴォークは2.0ℓ直4ガソリンエンジンとディーゼルエンジンをラインナップ。どらちらもジャガー・ランドローバーが開発した新世代エンジンであることを示す“インジニウム”の名が与えられている。

シートはクヴァドラ・プレミアムテキスタイル&ディナミカ・スウェードクロスシートが選択されていた。シックな内装はイヴォークをより大人びた印象にさせる。

 雨のワインディングを流した時の印象も上々だ。ハンドリングはドライバーの感覚にマッチしたレスポンスでリニアリティも高く、リラックスして操れた。これといって特筆すべきキャラクターは見当たらなかったが、それだけに安心感の強い、信頼のおけるハンドリングといえる。

 ひとつだけ気になったのは、速度域が比較的高い状態で足まわりに鋭い衝撃が加わったとき、これをいなしきれずに明確なショックを伝えることがあった点。それは正確なステアリングの代償として受け入れるべき範囲のものかもしれないが、「ランドローバーだったらもう一段上の快適性を実現してくれそう」という勝手な期待も捨てきれなかった。

 新型イヴォークはインフォテインメントや運転支援も充実している。自照式スイッチを活用したステアリングスイッチやダッシュボードのタッチスクリーンなどは操作性がよく練られているだけでなくデザインも美しい。また、ジャガー・ランドローバー初のデジタル式ルームミラーは視野角が広いうえに解像度が高く、しかも動画のつながりが滑らかで見やすく、出色の出来映え。さらに、本来は見えないエンジンルーム真下の路面状況を画像処理技術で映し出す“クリア・サイト・グラウンドビュー”は、SUVのスペシャリストであるランドローバーらしいアイデアだ。今回は試せなかったものの4WD技術にも様々な新機軸を盛り込んでおり、優れたトラクション性能と燃費性能を発揮するとメーカーは主張している。

 クーペスタイルのSUVというコンセプトが支持され、これまで累計80万台が販売されたイヴォーク。スタイリッシュなレンジローバーの末弟は、大人びた風貌と熟成された走りを得て、成功へと続く道を再び歩き出したようだ。

クリアサイト・インテリアリヤビューミラーは違和感がなくスムーズな映像で期待以上の出来。室内に荷物が満載でも後方確認できる。
フロント下の様子を表示できるクリアサイト・グラウンドビューは悪路で便利だろう。
2.0ℓインジニウム・ガソリンターボエンジンは48Vジェネレーターと組み合わされるマイルドハイブリッドシステムの重要な要素。

ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク R-Dynamic HSE P300 MHEV
■ボディサイズ:全長4380×全幅1905×全高1650㎜ ホイールベース:2680㎜ 
■車両重量:1925㎏ 
■エンジン:直列4気筒DOHCターボ 総排気量:1995㏄ 最高出力:221kW(300㎰)/5500~6000rpm 最大トルク:400Nm(40.8㎏m)/2000~4500rpm 
■トランスミッション:9速AT 
■駆動方式:AWD 
■サスペンション形式:Ⓕマクファーソンストラット Ⓡマルチリンク 
■タイヤサイズ:Ⓕ&Ⓡ235/50R20 ■パフォーマンス 最高速度:242㎞/h 0→100㎞/h加速:6.6秒 
■環境性能(EU複合) 燃料消費率(NEDC):8.1ℓ/100㎞ 
■車両本体価格:801万円

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ