MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > シトロエン > DS7クロスバック > 「DS7クロスバック」を合計432通りの内外装やホイールなどの組み合わせから選べる新サービス「オートクチュール」が日本導入!
  • 2019/07/12
  • MotorFan編集部

「DS7クロスバック」を合計432通りの内外装やホイールなどの組み合わせから選べる新サービス「オートクチュール」が日本導入!

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月11日、プジョー・シトロエン・ジャポンはDSオートモビルのフラッグシップSUV「DS7クロスバック」に、内外装やホイールを自由にコーディネーションできるBTOサービス「オートクチュール」を導入し、同日より発売した。

自分好みのDS7クロスバックを仕立てらてる

「オートクチュール」はDS7クロスバックのグランドシック(225ps/300Nmの1.6Lターボ搭載/559万円)およびグランドシックBlueHDi(177ps/400Nmの2.0Lディーゼルターボ搭載/579万円)をベースに、ボディカラー9色、インテリア4仕様、ホイール3タイプ、そしてDSナイトビジョン+パノラミックサンルーフの有無、合わせて全432通りのなかから、自分好みの組み合わせが可能なBTO(Build to Order)サービス。


 とくにDS7クロスバックのハイライトのひとつであるインテリアは、従来から設定されているバサルトブラックに加えてブラウン系の「アレザン(OPERA)」やホワイト系の「パールグレー(RIVOLI)を追加して選択肢が拡充している。

「アザレン(OPERAインテリア)」※30万円のオプション

「パールグレー(RIVOLIインテリア)」

「バサルトブラック(OPERAインテリア)」

「バサルトブラック(RIVOLIインテリア」

 ボディカラーでは新たにオーダーが可能になった「グリ プラチナム」を追加した全9色のバリエーションを展開。カスタマーの感性で好みのボディカラーとインテリアを組み合わせることは、悩ましくも楽しい作業になるだろう。

ボディカラーは全9色から選択可能

 ホイールは18インチと19インチ合わせて3タイプからチョイスできる。いずれも無償オプション扱いだ。18インチの「GENEVE」を選ぶと悪路走破性をさらに高めるグリップコントロールが搭載され、マット&スノータイヤを組み合わせる。

ホイールは3タイプを用意

 DSナイトビジョン+パノラミックサンルーフはセットで48万円のオプションとなる。なお、DSオートモビルの公式サイトではDS7クロスバックのコンフィギュレーターサイトを展開中。購入を検討しているなら、チェックすることをお勧めする。

※本記事中の価格はすべて消費税込み

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る