MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/08/07
  • 「東新宿交通取締情報局」

オービス撤去情報! 山形県の一般道からオービスが消える? いよいよラスイチ、全滅間近!【交通取締情報】

この夏休みはネズミ捕りに注意! 国道13号線、山形県上山市の自動速度取締機、Hシステムが撤去!

このエントリーをはてなブックマークに追加
最盛期は、県内に9機の固定式オービスを擁していた、山形県。が、昨年秋に東根市のHが撤去され、この夏、上山市のHも撤去。一般道最後の砦となる山形市内のHも今や風前の灯火だ!

可搬式移動オービス未導入県だけに、今後の速度取り締まり方針が、気になる!

☆撤去オービスDATA
場所:山形県上山市関根西原
道路:国道13号線
方向:下り
機種:Hシステム
キロポスト:-
速度測定方式:レーダー式
制限速度:60km/h

国道13号線、山形市小白川町のオービスも撤去対象となっているHシステム。いずれは撤去される運命にある

他県に比べてなんだかあっさりとした公開取締情報。ネット上では山形県警の取り締まりは姑息だという声多数だが、実際は?

 国道13号線を米沢市から山形へ。東北中央道の「かみのやま温泉」ICを過ぎ、R458との分岐から約1.2km地点に設置されていたHシステムが、忽然と姿を消した。これで山形県の固定式オービスは、山形道と山形市内小白川町の、2ヵ所のみ。山形道のLHはまだしも、小白川町のHも撤去対象となっているだけに、山形県の一般道から固定式オービスが消えるのも、時間の問題だ。

 現時点では山形県警に可搬式移動オービスが導入された形跡はないだけに、当分の間は、パトカーやレーダーによるネズミ捕りで速度取り締まりを行っていくしかない。いまのところレーダーパトカー導入の情報は入っていないが、レーダー式のネズミ捕りはひんぱんに行われているようなので、地元民はもちろん、この夏休みに山形でのドライブを予定している人は、できればだが、ステルス対応レーダー探知機の装備をおすすめしたい。

最新交通取り締まり情報や、夏休ドライブ前のオービスポイントチェックは、こちら!⇈

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る